年中無休・24時間営業 お気軽ご相談ください。

0120-540-585対応地域 / 筑豊全域・その他地域はご相談ください
ご相談・ご依頼等のお問い合わせ

新着情報

独身だと騙されて不倫した場合2019.11.30ブログ

こんにちは、シークレットジャパン筑豊です

「既婚者とは知らずに付き合ってしまった・・・」
「付き合っていた彼氏が実は既婚者だった・・・」
「結婚してないと言っていたのに騙された・・・」

彼氏が既婚者だと知らなかったせいで、結果的に不倫してしまい騙されたという女性は少なくありません。
もしも彼氏が既婚者だと知ったらどうすればよいのでしょうか。
また独身だと騙されて不倫してしまった場合、彼の奥さんに慰謝料を払わなければいけないのでしょうか?

本日は騙した彼に慰謝料を請求できるのかどうかなどを含めた対処法をお話致します。

 

1.相手の妻から慰謝料請求される?

不倫すると場合によっては慰謝料を請求されることもあると聞いたことがある人もいるでしょう。
しかしその不倫が彼に騙されたものだとしたら、釈然としませんよね。
不倫を騙されたせいで始めてしまった場合、彼の奥さんから慰謝料請求される可能性はあるのでしょうか?

 

①性交渉等があれば不法行為になる”可能性”がある

不倫したのが彼に騙されたせいだとしても、性交渉等があれば不法行為になる可能性があります。
既婚者である彼と性交渉等をした場合、夫婦関係の平穏を侵害したとして不法行為となりうるのです。
不法行為だと認められれば、彼の奥さんに慰謝料を支払う義務が生じます。

 

②故意・過失がなければ慰謝料請求は認められない

不倫を騙されたせいでしてしまった場合、故意・過失がないので慰謝料請求は認められないことが通常です。
なぜなら、独身だと騙されていた場合、既婚者だと知らなかったため「不貞行為をしている」という認識がながなく、責任を問うに値しないからです。
もっとも、彼が既婚者だと知ってからも関係を続けていると不法行為が成立するとみなされるので注意が必要です。

 

③過失の有無に注意

不倫を騙されたせいで始めてしまった場合でも、既婚者だと知らなかったことに「過失」があれば慰謝料請求は認められます。
過失がある場合とは、注意をすれば既婚者だと知ることができた場合をいいます。
たとえば、彼が結婚指輪をはめていたり、車にチャイルドシートがあるなどの場合が挙げられます。

 

④「独身だ」と騙された証拠を集めておく

もしあなたが彼に「独身だと騙された」と感じた場合は、騙されたという証拠を集めておくことが大切です。
彼が自分は独身だとほのめかすようなメールなどがあれば、あなたに不倫の意識がなく騙されたことの証拠になるでしょう。
他にも、あなたが彼を既婚者だと知らなかったことを示すようなやりとりも確保しておきましょう。

 

 

 

2.彼氏が既婚者だと知ったらどうするべき?

彼との不倫が騙されたことで起きてしまった場合、あなたは被害者です。
しかし、彼が既婚者だと知ったその後も関係を続けた場合、その不倫は「騙されたせい」ということにはなりません。
では彼氏が既婚者だと知ったらどうするべきでしょうか?

 

①彼氏が既婚者だった場合はすぐに別れるべき

彼との不倫が騙されたせいで始まったとしても、彼が既婚者だと知ったらすぐに別れるべきです。
彼が既婚者だと知らなかった間はともかく、彼が既婚者だと知った後は彼との交際が奥さんに対する不法行為になり得るためです。

 

②「嫁とは離婚する」という言葉は信じてはいけない

はじめは彼が既婚者だと知らなかったとしても、彼が既婚者だと知ったらあなたは別れる選択をしなくてはいけません。
彼はこれまでの楽な関係を維持するために

 「すぐに離婚する」
 「嫁と別れて君と結婚する」

などと言うでしょうが、彼の言葉は信じるべきではありません。
相手は自分が不倫したい一心で騙された女性の気持ちも考えずに関係を続けようとする男性です。
不倫が彼に騙されたせいで起こったことを考えると、これまで独身だと騙してきた彼がいまさら妻と離婚することは考えにくいでしょう。

 

③逆に慰謝料請求できる場合もある

彼との不倫を騙されたせいでしてしまった場合、逆に彼に慰謝料請求できる場合もあります。
彼が既婚者だと知らなかったときは、奥さんからの慰謝料請求におびえるだけでなく、積極的にこちらから慰謝料請求できる場合についても意識しておくとよいでしょう。

 

 

 

3.不倫相手に慰謝料請求できる?

したくもない不倫を彼に騙されたせいでしてしまった場合、彼に対して怒りや憎しみの感情が沸いてくると思います。
不倫が騙されたことで起きた場合、彼に慰謝料請求をすることができるのでしょうか?

 

①貞操権侵害で慰謝料請求できる可能性がある

不倫を騙されたことでしてしまった場合、貞操権侵害で慰謝料請求できる可能性があります。
たとえば、彼に未婚者・独身だと嘘をつかれていた場合や、離婚・結婚を約束していたような場合などが挙げられます。

 

②慰謝料請求が認められやすいケース

彼との不倫が騙されたことで起きた場合のうち慰謝料請求が認められやすいケースはどのような場合でしょうか?

これまでの判例では、

・結婚する気がないにもかかわらず相手を妊娠させて中絶させた場合
・妊娠させてその後の関係を絶った場合

などに女性の貞操権侵害にあたるとして慰謝料を認めています。

不倫が彼に騙されたせいで生じたときは、彼との交際によって妊娠などあなたの人生を大きく左右するような出来事が起きたかどうかに注意してみましょう。

 

 

【まとめ】

気付かないうちに不倫をしていたり騙されたことがわかると本当にビックリして混乱してしまいますよね。
不倫が騙されたせいで始まった場合、彼が既婚者だと知らずにいる間は慰謝料請求されずに済む可能性が少なくないどころか、逆にこちらから彼に慰謝料請求できる可能性もあります。
しかし、彼とのやりとりをどう解釈するかであなたに不利な状況となってしまう危険もあります。
そのため、不倫が彼に騙されたことで起きてしまったときは、すぐに別れを選択すること、もしくはそれによって揉めそうな時は弁護士などの専門家に相談することをお勧めいたします。

 

 


福岡・筑豊エリア・京築エリア・宗像エリア

飯塚市、直方市、田川市郡、行橋市、嘉麻・宗像地域での

浮気調査・不倫調査・素行調査・ペット捜索のことなら

総合探偵社「シークレットジャパン筑豊」に

お任せください!!

 



  • LINE@