年中無休・24時間営業 お気軽ご相談ください。

0120-540-585対応地域 / 筑豊全域・その他地域はご相談ください
ご相談・ご依頼等のお問い合わせ

新着情報

不倫の果てにあるもの2019.11.13ブログ

こんにちは、シークレットジャパン筑豊です。

皆様は不倫関係の果てについて考えたことありますか?
現代日本では不倫をしている人はかなりいると言われており、いろいろな調査結果を見れば予想以上に経験者がいることに驚くはずです。
しかし、その不倫関係の果てにあるものをきちんと理解している人はほとんどいないと言われております。
そこで、今回は不倫関係の終わりについて考えてみます。

 

1.不倫関係の果てには何がある? 

不倫関係とは不貞行為に該当するもので、メリットよりデメリットがものすごく大きい行為です。
不倫から不幸に陥ったという話は、テレビやインターネット、雑誌などで探せば簡単に見つかるのではないでしょうか。
それぐらい当たり前の情報として流れているので、不倫関係がいかに危険なことであるかも漠然的には理解している人も多いでしょう。
しかし理解はしていてもやめられないという人が多いのも事実で、いわゆる危険薬物のような中毒性があるものとなっているのです。

ただ、その関係の果てに何があるのかを皆さんよく考えてください。
果てには何が待っているのかを理解しましょう。

 

 

2.不倫関係は普通の恋愛より楽しい【女性の不倫】

不倫を経験したことがある人の意見や、現在不倫中の方々の意見を参考にすると、普通の恋愛より楽しいという声が多いのです。
不倫関係は女性の乾きを満たすものなのでしょうか。

 

不倫関係になる理由<女性>(1) 5人に2人は不倫経験者

あるサービス利用者に伺ってアンケート調査を行い統計をとったデータでは、ある年代にまで至った既婚者の女性は約4割が不倫関係を持ったことがあるというものがあります。
不倫関係になる意識が全くない人にとっては信じられないデータですね。

しかし、女性は心理面や精神的な部分で、心の隙間をどうにかして埋めたくて浮気や不倫に走ってしまうようです。
中には不満は全くないけれど刺激が全くないのが嫌で、不倫関係を積極的に作ろうと努力している人もいるでしょう。

 

不倫関係になる理由<女性>(2) 不倫の主導権は女性が?

不倫関係における主導権についてはいろんな意見があるので、あながち女性のみが握っているわけでもないようです。
しかし不倫関係に至ろうと努力している方は、今の状況を楽しんでいる傾向が強く、自主的に動いているので主導権を握ろうとする人が多いのではないでしょうか。

例外的に、独身女性がつき合っている男性が既婚者だと知らずに、つき合っているうちに気が付いたけれどそのままずるずると関係を続けているというケースもあり、その時は男性が主導権を握っていることが多いとも言われております。

 

不倫関係になる理由<女性>(3) 毎日が楽しい

不倫をしている女性はドラマの主役になったかのように、非現実的な毎日を繰り広げられるような感覚に陥ると言われております。
そうなる前に、今の夫じゃ物足りないとか、さみしさを紛らわしたいという不倫関係が出来上がる原因もあるようですが、一度その非現実感を味わってしまうと抜け出せなくなってしまうようです。

 

 

3.不倫関係に求めているもの【男性の不倫】

次に男性の不倫関係に対する内面に触れていきます。

 

不倫関係になる理由<男性>(1) 必要とされたい心理

不倫関係に至る男性の内面は「誰かに必要とされたい」という気持ちであると言われています。
すべての人が当てはまるわけではありませんが、男性が不倫関係を築く要因として、これはかなりの割合を示していると言われているのです。
特にこの深層心理に陥りやすいと言われているのが、ある程度の地位を固めて安定的な立ち位置に落ち着いてしまった人のようです。

 

不倫関係になる理由<男性>(2) 地位もお金もあるけど癒しが無い

それ他に不倫関係に陥る原因には、癒しを感じる空間がどこにもないと感じる人たちです。
実際に不倫関係築いた男性の方々は、家庭が心休まる癒しの場所だと感じていないことが多いと評されています。
そうなると会社でもストレスが永遠に溜まり続け、家にいてもストレスが溜まり続けるようになるので居場所がなくなります。
居場所が無くなった人はどこか心休まる癒しの場所を求めて、フラフラと飛び回りやがて不倫関係になる相手にたどり着いてしまうのです。

 

不倫関係になる理由<男性>(3) 身体を求めているわけではない

男性が不倫関係になっている相手は身体ではありません。
これは極論になってしまいますが、身体を求めているのなら不倫関係なんていう危険な橋を渡らずに、風俗に通ったほうが早いです。
ある程度お金はかかりますが、後腐れがありませんので何の問題も起こらないですし、不倫がばれた時よりも被害が少なくて済みます。
つまり男性が不倫関係に至るのは、肉体関係だけを求めているわけではない可能性が高いということなのです。

 

 

4.不倫関係をやめた方がいい理由

不倫関係にはもちろん罠があります。
むしろこの罠がどういうものなのかは何となくでも皆さん理解しているのではないでしょうか。

 

不倫関係はやめたほうがいい理由(1) 失うものが大きすぎる

おそらく不倫をやめさせるために説得する大きな材料がこれではないでしょうか。
不倫は失うものが大きすぎますし、手に入るのは一時的な心の安寧や満足感といった些細なものです。
ではどのようなものを失うのでしょうか?

まずは何よりも時間です。
不倫関係になるとずるずると続いてしまうのでその時間が失われていきます。
独身女性が既婚男性と不倫を続けている場合、時間が失われて若さも失われると婚期も逃すことになります。
また不倫をしている人は、普通の人とは違う独特な雰囲気をまとうようになるので、周りから避けられる可能性も増えるでしょう。
他にも、社会的地位も失いますし、家庭も崩壊します。信頼関係も無くなりますね。

 

不倫関係はやめたほうがいい理由(2) 裁判で不倫相手に慰謝料請求するケースも

これは既婚者だけの問題ではなく、独身の方が既婚者と関係を結ぶ形になる不倫でも同じことです。
そのような人たちは、既婚者のパートナーから平和な家庭を壊したと言われて、慰謝料を請求される立場になってしまうでしょう。
いわゆる裁判沙汰になってしまうというものです。

裁判になるといったい何があったのか公表されるようになるので、不倫をしていた人は世間的に「私は不倫をしました」というアピールをすることになるのです。
その結果、お金も失い社会的な信頼も無くなります。

 

不倫関係はやめたほうがいい理由(3) みんな後悔している

これらの大きなマイナス面を抱えているので、不倫関係がばれるとほとんどの人が不幸になります。
不倫中は楽しいのでしょうが、やったことは一生消えないのでその罪をずっと背負い続けることになるのです。
その結果、多くの方々は「反省している」とか「後悔している」という声を残しています。

 

 

【まとめ】

不倫の果てにあるのは略奪愛と言われておりますが、略奪愛で得た家庭というのは様々な苦難がまっています。
そのため、例えゴールにまで至ったとしても、普通の恋愛からの結婚よりも得るものが少なく失うものが大きすぎるのです。
この失うものに関しては、リアリティに欠けると思っているかもしれません。
しかし、実際にそういったトラブルを扱っている人に聞けば本当かどうかわかるはずです。
そのような人たちは一度、男女間トラブルに強い弁護士に相談して不倫をしたらどうなるのかを聞いてみることをお勧めいたします。

 

 


福岡・筑豊エリア・京築エリア・宗像エリア

飯塚市、直方市、田川市郡、行橋市、嘉麻・宗像地域での

浮気調査・不倫調査・素行調査・ペット捜索のことなら

総合探偵社「シークレットジャパン筑豊」に

お任せください!!

 



  • LINE@