年中無休・24時間営業 お気軽ご相談ください。

0120-540-585対応地域 / 筑豊全域・その他地域はご相談ください
ご相談・ご依頼等のお問い合わせ

新着情報

離婚後のマイホームはどうなるの?2019.06.18ブログ

こんにちはシークレットジャパン筑豊です。

先日のことですが、当社で浮気調査の相談を受けて実際調査を行い、その結果、奥様の浮気が発覚し、裁判を経て離婚に至った夫婦がいらっしゃったのですが、その旦那様から事前に「離婚した場合、マイホームはどうなるの?」という相談を受けました。

普通に考えればマイホームも財産分与の対象となるので、離婚協議の中で取り決めが必要になってくるのですが、もしマイホームに購入時のローンが残っていた場合は、どうすればいいのでしょうか?

今回はそんなお話をさせて頂きます。

 

1.マイホームの状況を知っておく。

離婚協議が進み、いざ「マイホームをどうするか?」の話になる前に予め知っておくべきことがあります。

それは「住宅ローンの状況」と「マイホームの価値(評価額)」です。簡単に言うと誰の名義で住宅ローンを組み、ローンの残金があとどれくらい残っているか?

また今マイホームを売るとどれくらいの金額で売れるのか?を知っておく必要があります。

これは仮にマイホームを売らず夫婦の一方が住み続けることになっても財産分与の過程で必要になるのでどのみち知っておかなければなりません。

「住宅ローンの状況」は、住宅ローン契約書でも確認できますし、ローンの残金を含めて住宅ローンを組んだ銀行に申し出れば確認が取れます。

「マイホームの価値」は不動産業者にお願いすれば査定してくれます。また今ではネットで簡単査定を行うサイトもありますので、ひっそりと調べたい方はネット査定を利用するのも一つの方法です。

 

2.マイホームをどうするかを決める

①マイホームを売却する場合

売却することを選択しローン残高を支払っても売却益が出る場合は、その売却益を夫婦で話し合って分割します。逆に売却してもローン残高に満たない場合は、ローン残高を現金などで支払う必要が出てきます。この場合には、どちらがどれくらいの割合で支払っていくのか話し合う必要があります。

 

②離婚後もどちらか住み続ける場合

離婚後もローンの契約者が住み続ける場合であれば、そのまま継続してローンを支払い住み続ける等、あまり揉めることはないのですが、そうでない場合には誰がローンを支払い、また別の人が住むとなると家賃が発生したりと話が少し複雑になり、後々大きなトラブルに発展する可能性が出てきます。そうならないためにも、住宅ローンを組んでいる銀行に相談する、または弁護士にお願いして対策をしっかり行う方が良いと思われます。

離婚後にトラブルに発展しやすいのがマイホームや住宅ローンの支払いをどうするかという問題です。

もし心当たりのある方は、将来に渡り夫婦生活にどんなことがあってもすぐに対処できるようにしっかりと準備を行なっておきましょう。


筑豊、京築地域(飯塚、直方、田川、行橋、嘉麻地域)での

浮気調査・不倫調査・素行調査のことなら

総合探偵社「シークレットジャパン筑豊」まで



  • LINE@