年中無休・24時間営業 お気軽ご相談ください。

0120-540-585対応地域 / 筑豊全域・その他地域はご相談ください
ご相談・ご依頼等のお問い合わせ

新着情報

モラハラ夫から洗脳を受けやすい女性の特徴 ②2021.08.05ブログ

こんにちは、シークレットジャパン筑豊です。

今回も引き続きモラハラについて語っている、あるコラムを参考にしながら、モラハラ夫から洗脳を受けやすい女性の特徴について考えてみたいと思います。
(①からの続き)

 

3.夫は有能で逃したら二度と出会えないかもしれない男性


自分に自信のない人間ほど、自慢話をするものです。
そして、そんな口のうまい男性にダマされる女性は少なくありません。
だから、モラハラ夫が「自分はいかに有能な男である」と言っているのを信じている妻も多いのです。

しかし、そもそも本当に実力があり認められている男性は、わざわざ自慢話なんてしません。
なぜなら、言わなくてもその人の言動を見ていると自然とみんな分かってくるからです。
逆に言えば言うほど、嫌味に聞こえたり、嫉妬されたり、嫌われたりして、自分が損するからです。

もしかしたらあなたのモラハラ夫は、社会的地位はあるのかもしれません。
そしてお金を稼ぐ能力はあるのかもしれません。
でも、妻1人幸せにできない男性だということを忘れてはいけません。

モラハラ傾向のある男性は、妻に対してだけではく、外でも色々な人とトラブルを起こしがちです。
夫のせいで自分にまでトラブルに巻き込まれることも少なくないでしょう。
それを「仕方ない」と思うのか、「こんなことに巻き込まれるなんて、考えられない!」と思うのかは、自分がどれだけトラブル慣れをしているのかによります。
もし慣れてしまっている場合は、気を付けたほうがいいでしょう。

「自分には社会的な能力がない」という劣等感を抱えている女性ほど、社会的地位、収入などを持つ男性に惹かれる傾向があります。
でも、人生において本当に大切なのは、そんなことではありません。
人生において大事なのは、「どれだけ幸せな時間を過ごすか」ということです。
そんな一緒に暮らしていて、自分のことを馬鹿にし、自信をなくさせるような支配的な夫といたら、多くの時間を不愉快な思いで過ごさなくてはいけなくなります。

時間は見えないので、いくらでもあるように思いがちですが、有限です。
自分の大事な人生の時間を楽しく過ごせないのは、もったいないことです。
一緒にいて、自分を不幸にし続ける相手なんて、自分にとって価値のある存在なのでしょうか。
どうしたら幸せな時間を過ごせるようになるのかを、もっと真剣に考えたほうがいいでしょう。

 

 

4.自分には彼以外に相手にしてくれる男はいない


世の中には、男がいなければ生きていけない女というのは、存在します。
そういう人は、自分に洗脳をかけてしまっているところがあります。
どんな洗脳かというと「自分には男が必要だけど、彼以外に相手にしてくれる男はいない」ということ。
そして、そこには
「親密な関係の男性がいないと、自分が女性であることを実感できない」
「男性に求められることで、自分には女性としての価値があるように思える」
といった心理が隠されています。

本来は傍に男性がいなくても、自分が女性であることを感じることは可能です。
女性であることを楽しみ、もっともっと自分を輝かせればいいのです。
しかし、人にかけられている洗脳であればまだしも、自分にかけている洗脳に関しては、解くのは至難の業です。
そういう男性がいないと生きていけない女性が、若いとは言えない年齢なり、恋愛対象が減ってくると、なかなか離婚の決断をするのは難しいものです。

とはいえ、そういう女性は夫に対して恨みがある分、外で不倫をすることは多々あります。
ただ、そういう人妻と不倫をする(既婚者)男性は、「遊び」であることが多いので、外での恋でも自尊心を傷つけられてしまい、ますます自己肯定感が低くなってしまう、という悪循環になりがちです。
本人も「相手にとっては遊びだから、こんな自分のことを相手にしてくれるのだ」と卑屈に考えているところがあるので、どんどん「自分の価値を、自分で下げてしまっている」ところもあるのです。

本来は「誰かに頼って生きる」ということ自体から抜け出すことが大切です。
自立して生きられるようになり、自分に自信を持てるようになった時には、雰囲気も変わるので、人からも大切にされやすくなります。
少なくとも、モラハラ夫のように“支配できる相手”を求める人とは縁ができにくくなります。
つまり「モラハラ夫そのものが問題」というよりも、「モラハラを受けている本人の在り方が一番問題である」ということなのです。
自分次第で自分の取り巻く環境は、いくらでも変わっていくからです。

 

 

【まとめ】

モラハラ夫と別れるにしても、別れないにしても、とにかく精神的にも、経済的にも自立した女性になりましょう。
そうなったときには「人生の選択肢」が増え、自己肯定感が高まります。
そうすると、だんだんモラハラ夫とは性格が合わなくなってくるので、関係が終わる可能性も高いでしょう。
ひょっとしたら、モラハラ夫が心を入れ替えて変わることもありますしね。
自分が変われば、環境も変わるし、相手も変わるもの。
「自立して、自尊心を取り戻すこと」、それが、モラハラ夫と縁を切るためにも、幸せになるためにも、大切なことです。



  • LINE@