年中無休・24時間営業 お気軽ご相談ください。

0120-540-585対応地域 / 筑豊全域・その他地域はご相談ください
ご相談・ご依頼等のお問い合わせ

新着情報

夫婦に欠かせないコミュニケーションのポイント2021.07.11ブログ

こんにちは、シークレットジャパン筑豊です。

もしかしたら今あなたは、夫婦関係で悩んでいませんか?
忙しい夫婦の中には、「最近ちゃんと顔を合わせていない」という方もいるでしょう。
でも、この状態が長く続くと、コミュニケーション不足で関係が壊れてしまう恐れがあります。
そこで本日は、夫婦に欠かせないコミュニケーションのポイント&NGな行動についてご紹介します。

 

1.夫婦に欠かせないコミュニケーションのポイント


夫婦関係を維持していくためには、コミュニケーションが欠かせません。
どんなに長い間一緒にいる相手であっても、コミュニケーション不足では互いの気持ちを知ることはできませんし、どんどんズレが生じてしまいます。
まずは、夫婦のコミュニケーションにはどんなことが必要なのか、ポイントをご紹介します。

 

①二人の時間を大切にする

ラブラブだったカップルでも、結婚して数年が経てば少しずつ落ち着いてくるものです。
仕事や子育てに追われて、なかなか二人だけの時間を持てなくなっている夫婦も多いでしょう。
しかしどんなに忙しくても、一緒に生活していく上で二人の時間を作ることは大切なポイントです。
互いに向き合う時間があれば、不安や行き違いなどが少なくなるはずです。

 

 

②笑顔を忘れない

仕事や家事に追われて心の余裕がなくなり、知らず知らずのうちにイライラした態度を取ってしまう人もいるでしょう。
しかし一緒に生活をする相手が、いつも笑顔の方がお互いに気分が良いはずです。
いつも笑顔を意識することで、家の中の雰囲気が悪くなることもなくなるでしょう。

 

 

③スキンシップをとる

どんなに仲の良い恋人同士でも、結婚して数年経てば自然とスキンシップが減ってきてしまうものです。
しかしいつまでも仲の良い夫婦でいるためには、スキンシップを行うことが欠かせません。
いまさら面倒だと思う方もいるかもしれませんが、手を繋ぐだけでも十分です。
触れ合いを大切にしましょう。

 

 

④「ありがとう」「ごめんね」を言葉でちゃんと伝える

恋人同士が結婚して夫婦になれば、家族という存在に変わっていきます。
そんな近しい存在になると、今まで普通に言えていた「ありがとう」「ごめん」という言葉を相手に伝えられなくなってしまう人が少なくありません。
「言わなくても伝わっているだろう」という考えではなく、その都度気持ちを伝えることを忘れないようにしましょう。

 

 

⑤コミュニケーションのタイミングを見計らう

夫婦として一緒に生活していると、ついつい相手のテリトリーにまで入り込んでしまうことがあります。
しかし生活を共にするからこそお互いのプライバシーは守る必要があるでしょう。
相手のテリトリーや状況を把握した上で、コミュニケーションのタイミングを見計らうことも大切です。

 

 

2.離婚を回避する為に気を付けたいNG行動


離婚することを前提に、結婚する方はいません。
しかし、夫婦生活を続けていくうちに不満が積み重なり、「離婚」という最悪の結論に至ってしまうこともよくあります。
離婚を回避するためにはどんな夫婦生活を送っていけば良いのか、気を付けたいNG行動をご紹介します。

 

①気になったことを後回しにする

大好きな人と結婚しても、一緒に生活をしてみると「あれ?」と、気になることがあるはずです。
生活習慣の違い、お金の価値観のズレなど、結婚してから気づくことは意外とあるものです。
しかし、夫婦間で気になったことは後回しにせずに、その都度解決していくことが大切です。
放っておけばおくほど溝は深まり、収拾がつかない状態になってしまいます。

 

 

②マンネリを当たり前と捉える

結婚して数年経つとスキンシップが減り、マンネリ化するのが一般的です。
それを「マンネリ化は当たり前」と思い、何も対処しない人も多いでしょう。
しかし、これを放置すると夫婦関係が冷めてしまう恐れがあります。
諦めずに、デートや夫婦生活を工夫しましょう。

 

 

③自分の意見や価値観を押し付ける

結婚して生活を共にすると相手の存在を近くに感じて、自分の意見や価値観を押し付けようとしてしまう人がいます。
もちろん、夫婦となればどちらかが譲らなければいけないこともありますが、全てがあなたの思うままになるわけではありません。
相手の考えや価値観も考え、受け入れて、譲り合うことが大切でしょう。

 

 

④詮索しすぎる

夫婦になると「家族なんだから、隠し事はなし」と思っている人も多いかもしれません。
確かに、隠し事があると、不安に感じる人もいるでしょう。
しかし、夫婦だからといって、相手のこと全てを知る必要はないのです。
詮索しすぎることで、あなたの存在が負担になる可能性もあるため、注意が必要です。

 

 

⑤存在や生活を当たり前と思う

何年も夫婦として一緒に生活していると、ついつい互いの存在が当たり前になってしまうもの。
そのため、相手に対して甘えが出やすくなります。
一緒にいて当たり前、稼いでくるのが当たり前という態度は、相手にとって寂しさや虚しさを生んでしまいます。
「全てのことは当たり前ではない」と、常に感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

 

 

【まとめ】

いつまでも仲の良い夫婦を続けていくためには、夫婦のコミュニケーションが欠かせません。
たとえ子どもができても、夫婦としてのコミュニケーションは大切なのです。
ついつい相手に甘えてしまう人も多いと思いますが、コミュニケーションのポイントをチェックしながら、この機会に自分の行動や発言を見直してみてくださいね。



  • LINE@