年中無休・24時間営業 お気軽ご相談ください。

0120-540-585対応地域 / 筑豊全域・その他地域はご相談ください
ご相談・ご依頼等のお問い合わせ

新着情報

ミラーリング効果とは?2021.06.26ブログ

こんにちは、シークレットジャパン筑豊です。

皆様は「ミラーリング効果」という言葉を聞いたことがありますか?
「ミラー効果(ミラーリング効果)」とは、心理学で使われる言葉で「同調効果」または「姿勢反響」とも言われます。
好意を持つ相手のしぐさ、表情あるいは動作を自分が無意識に真似てしまったり、または 自分と同じような仕草や表情を行う相手に好感を抱く効果をミラー効果と言います。

本日はミラーリング効果の使い方、またミラーリング効果を使った好感度アップの方法について考えてみたいと思います。
ぜひ参考にして頂いて好感度アップを目指しましょう!

 

【ミラーリング効果とは?】

前述でも説明したとおり、ミラーリング効果とは「同調効果」ともいわれる心理学のテクニックです。

好意を持っている相手の言動を無意識にまねしたり、逆に自分と同じような言動をする人に好意を持つような効果のことです。
自分と似たようなしぐさや動きをする人って、どこか親近感がありますよね。
ミラーリング効果は恋愛はもちろんのことビジネスシーンでも活用することができます。

 

 

1.動作を合わせる

相手の動作を観察し、相手がお茶を飲んだら自分も飲む、相手がペンを持ったら自分も持つなど、さりげなく動作を合わせます。
また、相手が手帳を開いたら、自分はパソコンを開くなど、動作を合わせればアイテムは全く同じでなくても大丈夫です。
わざとらしくならないよう、タイミングを少しずらすなどで自然に行ってみましょう。
ただし、足や腕を組む動作を真似る時は、相手との関係や状況を考慮しないと生意気な印象を与えるので、逆効果になります。

 

 

2.姿勢を合わせる

相手が身を乗り出して話をしているなら、自分も身を乗り出して話を聞きます。
相手が姿勢を正したら、自分も同じように姿勢を正します。
不自然にならないように、さりげなく行うことが大事です。
うまくいくと、お互いの共感性が生まれ親近感が増すでしょう。

 

 

3.表情をあわせる

まずは話をしている相手の表情にあわせるところからはじめます。
相手が悲しそうにしていれば、あなたも悲しそうな表情をしましょう。
相手が嬉しそうに話をしているときは、あなたも嬉しそうな表情で話を聞きましょう。
同じような表情をすることで「自分と同じように悲しんでくれている」「自分のことのように嬉しそうにしてくれる」という気持ちになります。
相手はあなたが自分の気持ちに真剣に寄り添ってくれていると感じるでしょう。

 

 

4.声のトーンとテンポをあわせる

あなたは誰かと話をしていて「この人話がゆっくりすぎてイライラするな」「話すスピードが速すぎてなんだか落ち着かない」なんて経験はありませんか?
同じテンポで話すということは相手に安心感を与えます。
声のトーンもあわせてみましょう。
表情と同じで明るいトーンのときはこちらも明るく、暗いトーンのときは落ち着いたトーンで話をします。
声のトーンとテンポをあわせると、それだけで「この人といると居心地がいいな」と思ってもらえるようになるでしょう。

 

 

5.相手の言葉をくり返す

話を聞くときは、相槌の合間に相手の言葉を繰り返して言う様にしましょう。
相手の言葉をくり返すことで「この人は真剣に聞いてくれている」「自分の言ったことを受けとめてくれている」という印象を与えます。
特に電話で話すときはこの方法は有効です。表情が見えないので、コミュニケーションの手段は言葉だけになります。
相手の言葉をくり返すことで「あなたの話、真剣に聞いているよ」ということを伝えましょう。

 

 

【まとめ】

いかがでしたか? ミラーリング効果を活用することで、相手とのコミュニケーションがより円滑に進む可能性があります。
でも、わざとらしく必要以上に相手の真似をするのは逆効果です。
相手が真似をされていることに気づいてしまうと、信頼感どころか不信感を抱くことになりかねません。
あくまでも自然に、タイミングを考慮してミラーリング効果を試してみてください。

 

 


筑豊、京築地域(飯塚、直方、田川、行橋、嘉麻地域)での

浮気調査・不倫調査・素行調査のことなら

安心と信頼の総合探偵社「シークレットジャパン筑豊」まで

TEL  0120-540-585



  • LINE@