年中無休・24時間営業 お気軽ご相談ください。

0120-540-585対応地域 / 筑豊全域・その他地域はご相談ください
ご相談・ご依頼等のお問い合わせ

新着情報

男性が記念日を忘れてしまう理由とは?2021.06.17ブログ

こんにちは、シークレットジャパン筑豊です。

パートナーの誕生日や付き合った記念日、結婚記念日など、女性が大切にしたい「記念日」。
でも、そんな記念日を結構な確率であっさりと忘れてしまうのは男性の方が多いです。
実は、男性には記念日を忘れるもっともらしい理由があるようです。
原因を知っていれば、余計な心配や怒りが減るかもしれません。
本日は男性が記念日を忘れる理由について考えてみます。

結論から言うと、男性は「記念日を忘れる生き物」なのかもしれません。
そんなふうに思わせる、興味深い理由から見ていきましょう。

 

1.男性は一点集中型

たとえばLINEをする時、テレビを見たり話したりしながらできるのが女性です。
対して男性は、返信することだけに集中する場合が多いでしょう。
これは、男女の脳の構造に違いがあるからだと言われています。
脳には右脳と左脳をつなげて情報を処理する「脳梁」という部分がありますが、男性はこの脳梁が女性より細いため、同時にタスクをこなすことが苦手なのだとか。
つまり、男性は仕事などで忙しい時や予定が重なった時、同時進行で考えることができないため、記念日をうっかり忘れてしまうようです。

 

 

2.男性は「時間」に対して鈍感

古来から女性は定期的に来る生理と向き合い、限られた時間の中で妊娠・出産を行ってきました。
子孫を残せなかったり、命に関わるリスクを負うからこそ、女性は日頃から「時間」を大切にする傾向にあります。
その点、男性は時間をそこまで気にする必要がないため、記念日を含めた「時間」にこだわりがないとも考えられているよう。
さらに、大半の男性は自分の誕生日に関してどうでも良いと思っている人が多く、記念日を忘れられた女性の「寂しい気持ち」を理解することができません。
だから、忘れることを繰り返すのです。

 

 

3.男性は記憶することが苦手

「あの時、こんなことがあったよね」
「〇年前にあの店で食べたあれ美味しかったよね」
と彼に話すと、「そんな細かくよく覚えているね」なんて、びっくりされた経験がある女性は多いはず。
実は、男女の脳の違いは記憶にも関係しています。
女性は記憶を司る「海馬」と呼ばれる場所が、男性より大きいと言われます。
そのため、プロポーズや結婚式、出産、裏切り、死別など、自分にとって印象的な出来事をその時の気持ちとともに、事細かに覚える習性があるそうです。
対して男性は、これが苦手です。
そのうえ、過程よりも結果を大切にするため、過去に作った「記念日」よりも未来のことを重視します。

 

 

4. 男性は察せない生き物

「本当はこうしてほしいのに」というもやもやした気持ちを抱え、その不満が爆発して喧嘩になるなんてことは男女のあるあるですね。
これは、男性が察する能力が低いことに原因があるかもしれません。
女性は母親として、子供を育てるという大きな任務を持っています。
まだ話ができないくらいの小さな子供の微妙な変化を察して、機嫌や体調などを読み取るのです。
こういったコミュニケーション能力は、男性よりも女性のほうが明らかに上です。
そのため、誕生日が近くなってきてそわそわしている女性の態度にも、男性はもちろん気づきません。
記念日に限らず、察することを得意とする女性と察せない男性の間に問題が起きやすいことを知っておくことも、トラブル回避につながるかもしれませんね。

 

 

5.男性に記念日を忘れずにいてもらうには?

男性は記念日を忘れる生き物」と理解したところで、やっぱり覚えていて欲しいのが乙女心です。
忘れられたら悲しい気持ちになるのは当然です。
では、どうしたら記念日を忘れずにいてもらえるのでしょうか?

 

①駆け引きせずに前もって伝えておく

女性は「記念日を覚えている=愛情の証拠」だと思いがちですが、前述したように男性は愛情とはまったく関係なく、記念日を忘れるのです。
そのため、「覚えているかな」と試すような駆け引きはしないほうが良いでしょう。
どうしても一緒にお祝いしてもらいたかったら、「◯日、誕生日だけど会える?」「今度の記念日はここに行かない?」と、具体的に伝えておくのが得策です。

 

②予定と合わせてセッティングする

予定の1つとして、前々から組み込んでしまうのもありです。
たとえば「結婚記念日は毎年旅行に行く」として、一緒に予定を立てるなど。
男性だって、機会さえあれば女性を喜ばせてあげたいと思っているはずです。
サプライズを待ちたい気持ちも分かりますが、普段の態度からあまり期待できそうにない男性の場合には、「楽しませてもらう」のではなく「一緒に楽しむ」と気持ちを切り替えて、セッティングをしてみてはいかがでしょうか。

 

 

【まとめ】

本日は男性が記念日を忘れてしまう理由を考えてみましたが、記念日を忘れる男性に覚えていて欲しいのは、忘れるのは仕方ないとはいえ、忘れた後のフォローを学んでほしいということです。
また女性側も記念日を一緒にお祝いしたいのであれば、前もってお膳立てをしてあげるくらいがちょうど良いのかもしれません。
しかしながら、世の中には記念日を忘れないどころか、大切にする男性がいるのも事実です。
そういった男性は、女性を喜ばせたいという気持ちが「忘れる」という本来の性質に勝っているのかもしれませんね。

 

 


筑豊、京築地域(飯塚、直方、田川、行橋、嘉麻地域)での

浮気調査・不倫調査・素行調査のことなら

安心と信頼の総合探偵社「シークレットジャパン筑豊」まで

TEL  0120-540-585



  • LINE@