年中無休・24時間営業 お気軽ご相談ください。

0120-540-585対応地域 / 筑豊全域・その他地域はご相談ください
ご相談・ご依頼等のお問い合わせ

新着情報

婚姻関係の破綻が認められるケースとは?2021.06.08ブログ

こんにちは、シークレットジャパン筑豊です。

浮気調査を行う上で、切っても切り離せない問題が「婚姻関係の破綻」です。
もし浮気が発覚して慰謝料を請求しようにも「婚姻関係の破綻」を理由に争うケースも少なくありません。

そもそも婚姻関係の破綻(民法770条1項5号の「婚姻を継続し難い重大な事由」)とは、簡単にいうと、

①夫婦が婚姻継続の意思をなくしている
②夫婦としての共同生活を回復する見込みがない状態
をいいます。

このような状態にあるかどうかを色々な要素をふまえて判断することになります。
ただし夫婦関係のことですから、当事者夫婦にしかわからない事情が多く、裁判所など第三者からみて簡単に判断できません。
本日は「夫婦関係の破綻」とみなされる状況について、いくつか例を挙げてご紹介いたします。

 

 

1.別居の有無

不貞行為以前に、夫婦が既に別居していたという事実は、婚姻関係破綻を基礎づける最も重要な事情です。
別居の期間が相当長期間にわたっているような場合は、破綻がより認められやすくなるといえるでしょう。
もっとも、長期間別居していても、仕事の都合によりやむを得ず別居している場合もありますし、頻繁に夫婦の時間を設けている場合もあるでしょう。
したがって、別居に至った事情や、別居中の夫婦の生活状況など、具体的事情を考慮する必要があります。
別居について正当な理由がある場合は、別居があったとしても婚姻関係の破綻が認められないのは当然のことです。

 

①別居の正当な理由とは?

別居についての正当理由がある場合とは以下のような例があります。
子どもを進学校に入れるため、妻と子どもが夫と一時的に別居することなどはよく行われていることです。
また、仕事の関係での配偶者の単身赴任、病気による配偶者の長期入院・転地療養などは、止むを得ない事情によるものですから、別居についての正当理由があるものと言えます。
このように正当な理由がある別居をしているに過ぎない場合は離婚事由に相当しないので、もし離婚を考えているのなら離婚に向けた別居をいち早く進める必要があります。
離婚に向けた別居が始まらないといつまで別居していても、婚姻関係の破綻が認められないことになりますので、注意が必要です。

 

②別居期間の考え方

別居期間については、同居期間や家族構成も重要となります。
一般的に同居期間が短い場合は、別居期間が短くても破綻が認められやすいといえます。
たとえば同居期間が1年で、その後は1年ほど別居しているという場合は、1年という別居期間は十分長いといえるでしょう。
これに対し、同居期間が数十年にも及ぶ場合には、離婚に必要となる別居期間は4年あるいは5年以上必要ということになると思われます。
また、子供がいる場合は、1、2年の別居期間では短いとされて、3~5年の別居期間が必要だといわれています。
別居期間が十分であるかについては、その時の状況によって決まる、つまりケースバイケースだといえます。

 

 

2.離婚に関する協議の有無

不貞行為以前に、既に夫婦間で離婚協議がされていた場合には、破綻が認められやすくなります。
ただし、夫婦の一方が離婚という言葉を口にしていた、という程度では足りず、具体的に離婚条件につき協議していたなどの事情が必要でしょう。
お互いの両親を交え、離婚したい理由をしっかり述べ、また養育費や財産分与など離婚の条件についてしっかりと協議とするべきです。

場合によっては離婚協議を相手方が望まないケースも当然あるでしょう。
どうしても相手方が協議に応じてくれない場合は、離婚調停を申し立てることが良いでしょう。
離婚調停を申し立てて調停期日でいろいろなことを話し合っていれば破綻は認められやすくなります。

また、仮に相手方が調停期日に来なかったとしても、相手方に話合いの機会を与えたという実績にはなるでしょう。
別居開始間も無く1回目の離婚調停を行い、不調となって数年間別居が続いた場合、1回目の離婚調停が申し立てられていることによって、婚姻関係の破綻がより認められやすくなるという影響もあると考えられます。
このようにしっかりと協議や調停を行うことは決して無駄ではないということを覚えておきましょう。

 

 

3.夫婦間の接触の有無

同居はしていても、全く夫婦間の接触がない場合には、破綻が認められやすくなります。
たとえば、互いに顔をあわせることもなく、共働きで生活費は各自が負担、居室も別でただ同じ家で生活しているだけ、という場合です。

近年、離婚する夫婦にこのような家庭内別居が多くなってきたといわれています。
たしかに接触が無い点では別居と変わらないと思われるかもしれませんが、接触があったか無かったかは家庭内の事情ですので、外部から客観的に把握することは難しいです。
裁判所は家庭内別居の事実を認定できないと、婚姻関係が破綻したとの認定を躊躇するでしょうから、確実に離婚したいと思っているならば、家を出るべきです。

そういう場合、別居した後で家に戻ったり、一緒に食事をしたり、接触をなるべく避けるようにする必要があります。
そうしないと、離婚に向けた別居をしているのかどうか分からなくなるからです。
家に残した子供と会いたいから、相手方と一緒に子供とどこかに行くとか、一緒に食事をとるということはあるのかもしれません。
場合によってはその日だけは家で泊まるということもあるかもしれません。
子供に会うだけなら問題はありませんが、相手方と接触するのは、離婚をするという視点からはマイナスと言わざるを得ませんので、注意が必要です。

 

 

【まとめ】

本日は「婚姻関係の破綻」について説明しましたが、「こういった事情があれば必ず婚姻関係破綻といえる」という明確な基準があるわけではなく、婚姻関係が破綻しているかどうかは、本当にその時の状況によって変わってきます。
婚姻関係の破綻が問題となりそうな場合は、弁護士などの専門家にご相談されることをおすすめします

 

 


筑豊、京築地域(飯塚、直方、田川、行橋、嘉麻地域)での

浮気調査・不倫調査・素行調査のことなら

安心と信頼の総合探偵社「シークレットジャパン筑豊」まで

TEL  0120-540-585



  • LINE@