年中無休・24時間営業 お気軽ご相談ください。

0120-540-585対応地域 / 筑豊全域・その他地域はご相談ください
ご相談・ご依頼等のお問い合わせ

新着情報

浮気している可能性が高い夫の言動2021.05.11ブログ

こんにちは、シークレットジャパン筑豊です。

日々幸せな生活を送っていたはずなのに、いきなり夫から別れを告げられた・・・なんてことになったら皆様はどう対処しますか?
何よりもパートナーが何故そんなことを言いだしたのか、その原因が知りたいはずです。
統計上の離婚原因の第一位は「性格の不一」ですが、そういう状況になった時、一度は頭によぎるのが「不倫・浮気」です。
誰しもが浮気・不倫なんて、絶対にされたくないですし、信じたくはないですよね。
そのトラウマから、異性に対して何事に対しても不信に陥ることもあるかもしれません。
なによりも、隠されていた事実が嫌ですよね。
そこで今回は、不倫・浮気をしている可能性が高い男性の言動を4つご紹介します。
当てはまる数が多ければ多いほど、危険と言えそうです。

 

①逆に浮気を疑ってくる

何の前触れもなく、いきなり夫が「浮気してないよね?」とこちらの浮気を疑い始めたら要注意です。
多くの人は、「いいことをしたら、自分に返ってくる」と思っています。
「いいことをしている自分は、報われるはず」と思っているわけです。
しかし、他人の浮気を疑い始めたということは「自分が浮気をしているなら、相手もしているかも?」と思っているということ。
つまりやましいことがあるために、「いいことをしている自分」ではなくなってしまっていることを自覚しているわけです。
もし夫から、「スマホの中身見せて」と言われたら、「いいよ。その代わり、あなたのも見せてね」と言ってみてください。

 

 

②忙しさを理由に会わない

「忙しい」や「疲れている」を理由にして会ってくれなくなったという場合、浮気をしている可能性があります。
本当に仕事が忙しくて大変な時期である可能性もありますが、仕事に追われているときは案外、外に癒しを求めて「浮気相手に会いたい」と思うものです。
ですので、忙しくてプライベートな時間が取れないときほど、休みのときは浮気相手と会っているかもしれません。

 

 

③強く束縛してくるようになった

「今どこにいるの?」
「いまから何するの?」
「家に着いたらすぐ連絡して」
とった感じで徐々に束縛するようになったという場合、浮気をしているのかもしれません。
上述したように、いいことをしている人は「自分が報われるはずだ」という思いがありますが、浮気をしている場合、「自分に報いが返ってくるかも」と不安になっている可能性があります。
そのため、パートナーに対して必要以上に束縛をしてしまうというわけです。
自分が浮気をしているからこそ、そのことに気づかれたくないために相手を疑って悪者にしたいという心理が働いている可能性があります。
急に束縛するようになった場合は疑ってみてください。

 

 

④節約するようになった

必要以上にお金を節約するようになった場合も要注意です。
浮気相手とデートをする場合、お金がかかりますよね。
そのお金はどこかから持ってこなくてはいけません。
自分のお小遣いや昼食代等を節約して、浮気相手に回すということをしている男性もいます。
そのため、「車を買った」や「パソコンを買い替えた」といったように、大きな買い物をしていないのに節約しはじめたら、危険かもしれませんよ。

 

【まとめ】

浮気をする男性は行動になにかしら表れがちです。
1つ当てはまる程度では「絶対に浮気だ」と断言できませんが、1つよりも2つ、2つよりも3つと当てはまるものが多くなるほど、浮気の可能性が高まります。
夫の行動の変化を見逃さないように、日頃から注意してくださいね。



  • LINE@