年中無休・24時間営業 お気軽ご相談ください。

0120-540-585対応地域 / 筑豊全域・その他地域はご相談ください
ご相談・ご依頼等のお問い合わせ

新着情報

裏切られても浮気を許すホンネとは?2021.04.13ブログ

こんにちは、シークレットジャパン筑豊です。

一般的に世の中では浮気は絶対ダメと思っている人の方が多いと思われます。
浮気自体は男も女も性別関係なく、パートナーに対する裏切り行為であり、なかなか許されるものではありませんが、中には「許せる」と言う方もいらっしゃいます。

浮気を許せるぐらいパートナーのことが好きなのか?
それとも他に理由があるのか??

そこで今回は、パートナーの浮気を許す人の心理について考えてみたいと思います。

 

1.最終的に自分の元に帰ってきてくれたらそれで良い

空より高く、海より深い心がない限り、こんなことは到底思えませんが、そう思っている方も稀にいます。
パートナーの存在自体が好きだから、何をされても腹が立たないしすべて許せる、他で遊んでいても最後は自分のもとへ帰ってきてくれるのなら構わないという心理です。
なので『浮気を許す、許さない』という問題にとらわれないのです。
なんなら「帰ってきてくれてありがとう」とさえ思うかもしれません。

これは男女間の愛情というより親のような愛情で、無償の愛とも言えるでしょう。
しかし、男女間で無償の愛は滅多にないので「ただ存在してくれるだけで良い」と心の底から本心で思っている人はかなり少ないと思われます。

 

 

2.パートナーは自分を選ぶ

「他の異性と浮気してもなんだかんだ自分の方が良いに決まってる」
と自信たっぷりの心理から許す人もいるでしょう。
どちらかというと、自分に自信があり、自分のことが好きな人の場合に多いようです。

「自分のほうが絶対優しい」
「自分よりお似合いの人はいない」
「結局は自分の良さに気づいて帰ってくる」

という感じで普段から自信たっぷりな人であれば、こういう心理で浮気をを許すかもしれません。

 

 

3.過去に自分も浮気したことがある

実はバレていないだけで自分も過去に浮気したことがあるので、内心ホッとした心理から許すパターンもあるでしょう。
「実は自分も過去に浮気したことある」とは正直に言わないでしょうが、パートナーの浮気発覚によって自分の中の罪悪感は確実に薄れるはず。
しかし一度お互いに浮気をしてしまうと、今後はお互いに浮気を繰り返す可能性が高まりますのでご注意ください。

 

 

4.自分も浮気しやすくなる

「もし今後自分が浮気しても、文句は言えないだろう」という心理から許すパターンもありますね。
つまり、自分がもしもの時に保険として許すというパターンです。

 

5.立場的に優位に立てる

「浮気をした人」と「浮気を許した人」とでは、後のパワーバランスが違ってきます。
相手の過ちを受け入れて許すということは、相手より優位に立てるようになるということでもあります。
なので、これからは自分が優位に立てるという心理から許す人もいるでしょう。

もちろん浮気が絶対に許せなくて別れる場合も多いですが、許すことによってパートナーに常に後ろめたさを持たせ続けることができます。
浮気したことに対して申し訳ないと思っている場合に限りますが、大体は罪の意識から下手に出て機嫌を伺うようになるはずです。
そして許した側は、罪悪感を持った相手をある程度コントロールすることができるようになります。

 

 

6.パートナーと別れる方が辛い

「浮気をされたことは本当に辛いし腹も立つけど、それよりもパートナーと別れることの方が辛い」という心理から許すこともあります。

本日紹介した中ではこのパターンが一番多いと思われます。
しかし、このパターンはなかなか乗り越えるのが大変です。
裏切られても別れられないほど好きということですが、でも浮気をされた事実にずっと苦しむはずです。

愛情が裏切りによって執着心に変わり、半ばムキになって付き合い続けるのです。
本当はもう関係は終わっているのに、認めたくないんですね。
なので、好きだからパートナーの裏切りを許すと言っていても、時にはその心理は憎しみに変わることもあるのでご注意ください。

 

 

7.あまり他人に興味がない

あなたが他の異性とどこで何をしようが全く興味がないので、浮気していてもどうでもいい・・・
愛情が冷めてしまった夫婦や半別居状態の夫婦によくあるパターンです

あまり会話がなくても一緒に時はそれなりに過ごせる、でもすでにお互いがお互いに全く執着していないので浮気をしていようと感情が乱れないというパターンです。

また別のパターンで来るもの拒まず去る者追わず、といったスタンスの方もいらっしゃいます。
恋愛や結婚に重きを置いておらず、男女の関係はあくまで”人生のほんの一部”という線引きをしているのです。
そんな人が執着しないのはパートナーだけではなく、自分以外の人間全てでしょう。
そんな人に少しは嫉妬してもらいたいと思っても無駄なので、無駄なことはしない方が賢明です。

 

 

【まとめ】

浮気を許すなんて、なかなかの勇気と決意がいる行為ですが、そこにはいろんな心理があります。
パートナーの性格を照らし合わせながら、どの心理なのか考えてみてください。
もしパートナーから事前に「浮気をしても許す」と言われていたとしても、安易に浮気に走って裏切る行為はオススメできません。
出来ればいつまでも仲良く、お互いの信頼関係を大切にしながらお付き合いしてください。



  • LINE@