年中無休・24時間営業 お気軽ご相談ください。

0120-540-585対応地域 / 筑豊全域・その他地域はご相談ください
ご相談・ご依頼等のお問い合わせ

新着情報

ボイスレコーダーは違法?②2019.06.04ブログ

こんにちは、シークレットジャパン筑豊です。

前回の①では犯罪にならないケースをお話しましたが、今回は逆に犯罪になるケースをお話します。

まず、他人の住居に侵入してボイスレコーターを設置するのは犯罪になります。
もしそれで浮気の証拠が録音できたとしても、裁判では証拠として認めてもらえません。
また無断で他人の住居に侵入した場合は不法侵入の罪にも問われることになります。

 

次に録音した内容を第三者に話してしまった場合も罪になる可能性があります。
録音そのものは適法でそのこと自体で罪に問われることはないのですが、浮気の証拠を録音できたとして、その内容を第三者に話したことがバレてしまった場合は、プライバシーの侵害や名誉棄損に当たる可能性がありますので注意が必要です。

最後に録音した内容を基にストーカー行為や相手を脅すことも犯罪です。
もし相手に嫌がられているにも関わらずストーカー行為を行い、その延長で会話を録音した場合は「ストーカー規制法」によって罰せられます。
またその情報を基に浮気の当事者を脅した場合は「恐喝」とみなされ罪に問われる可能性があります。

パートナーの浮気の証拠を掴みたいからといって法に触れる調査方法はお勧めできません。
自分で浮気調査を行う際には、あくまでも法律を犯さない節度のある範囲内で行ってください。

 


 

筑豊、京築地域(飯塚、直方、田川、行橋、嘉麻地域)での

浮気調査・不倫調査・素行調査のことなら

安心と信頼の総合探偵社「シークレットジャパン筑豊」まで



  • LINE@