年中無休・24時間営業 お気軽ご相談ください。

0120-540-585対応地域 / 筑豊全域・その他地域はご相談ください
ご相談・ご依頼等のお問い合わせ

新着情報

クリスマスは浮気が急増する2020.12.08ブログ

こんにちは、シークレットジャパン筑豊です。

12月に入り今年もいよいよ残りわずかとなってきましたが、それと同時にクリスマスシーズンの到来でもあります。
皆様が想像する通り、クリスマスシーズンは浮気する人が増える傾向にあります。

そこで今回は、クリスマスに浮気をしようと考えている人がよく口にする「言い訳」をご紹介いたします。
もしここでご紹介する言い訳をクリスマスシーズンにパートナーが口にしたら注意が必要かもしれません。

 

1.クリスマスは浮気が増える

日本では家族や恋人と過ごすことが当たり前のようになっているクリスマス。
ある人材派遣会社の調査によると、2,200人の20~30代独身世帯のうち2割が「一人きりで過ごす」と回答したそうです。
もしかしたらこのブログを読んでいる方の中にも「パートナーがいるけれどクリスマスは意識していない」と考える方もいらっしゃるかもしれません。

そんな中でも、一年で最も浮気調査が増える時期がクリスマスシーズンです。
通常クリスマスとは12月24日・25日を指します。
クリスマスは正月休みに入る直前の時期なので「忘年会」や「年末で仕事が忙しい」などの言い訳がしやすい時期でもあります。
こういった理由から、クリスマスに浮気をする人が増えると考えられています。

 

 

2.クリスマスに浮気をする心理とは?

では「どうしてクリスマスに浮気をするの?」と疑問に思う方も多数いらっしゃると思いますが、クリスマスに浮気をする心理を考えてみたいと思います。

 

①普段会えないから

浮気・不倫相をしている人の中には、「クリスマスだからこそ普段一緒にいられない浮気相手を時間を過ごしたい」と思うこともあるようです。
イベント時はまず家庭を大切にするべきですが、周囲に知られてはならない不倫相手とデートするには格好の時期ですよね。
もし家庭内でクリスマスに特別な用事がなければ、浮気相手と会う可能性もあります。
浮気に慣れている人であれば、尚の事上手く言い訳をして外出するかもしれません。

 

②パートナーがそばにいてくれないから

クリスマスは恋人のためのイベントというイメージが強いことから、もしクリスマスにパートナーが仕事で忙しくしていたり、会えなかったりということがあれば、そのさみしさ故に浮気に走り「一緒に過ごしてくれる人なら浮気相手でも嬉しい」と考える人も出てくるのです。
男女を比べると、特に女性側にこの意見を持つ人が多いようです。
クリスマスイベントを大切なものと思う人も女性に多く、寂しさから浮気に走ることも考えられます。

 

③既婚者であることを浮気相手に隠している

そもそも浮気相手と出会った時に「自分は独身だ」と偽って交際を始めて、そのまま関係を続けている方もいらっしゃいます。
そのことを言い出せず、また既婚者であることを隠すためにどうしてもクリスマスは浮気相手とデートする必要が出てくるのです。
この場合、かなり無理のある理由を付けてクリスマス中不在になることが多く、少しでも怪しいと思ったならば注意しておく必要があるでしょう。

 

 

3.クリスマスの浮気に使う言い訳とは?

次にクリスマス時期に浮気をする人が使う「言い訳」を考えてみたいと思います。
もし現在、パートナーが浮気しているのではないかと悩んでいる方は参考にしてみて下さい。

 

①「当日仕事がある」「残業が入った」

まずは定番中の定番の言い訳、職場の業務量が増えることでクリスマス当日の帰宅が遅くなるというものです。
もちろん仕事があるのは嘘で、浮気相手と会っているというのが真実ではありますが、年末は忙しくなる企業も多いものです。一概には「すべて嘘」とは言えず、判断に迷うこともあると思います。
そのため、出社前に周到に準備していたかどうか、普段と態度が異なるかどうかを見極めておくことが大切です。

 

②「会社の忘年会があるから帰りが遅くなる」

年末はクリスマスシーズンであると同時に忘年会シーズンでもあります。
これを言い訳に浮気する人は多く、こちらもクリスマスの浮気の言い訳として最たる例とも言えるでしょう。
忘年会は会社の同僚や友人同士で行うものですが、忘年会を言い訳にして浮気をする人は浮気を疑われないように友人に口裏合わせしていることも考えられます。
したがってパートナーの浮気を疑い、友人・知人に連絡を取るのはあまりオススメしません。
パートナーの帰宅時間や言い訳に矛盾がないかをよくチェックしておきましょう。

 

③「同窓会がある」

年末年始は帰省することも多々あるため、浮気の言い訳で同窓会を引き合いに出すのも考えられます。
しかし、この言い訳は実際には嘘でないこともあるため注意です。
例えば元同級生と浮気をしているのなら、同窓会は嘘とは言い切れません。
ただし、実際に浮気の言い訳にするなら「例年にはなかったのに突然同窓会と言われた」など、微妙に不自然な点があることが多いでしょう。

 

④「出張がある」

実は出張などなかったのに、出張と偽って浮気をする人は多いものです。
クリスマスに泊りがけで浮気相手と会う人はこの言い訳を使うこともあります。
普通に考えても年末に突然出張が入るのは珍しいことです。
もちろん業種によっては本当に出張もありえますが、それでも希です。
そのため、突然の出張に不安に感じる方は、事前に怪しい行動がなかったか、誰かと頻繁に連絡していなかったかをよく観察し、何も怪しい行動が見当たらなかったとしても出張期間にパートナー連絡を取って確認した方がよいと思われます。

 

⑤「接待がある」

同窓会や忘年会と同じくよく使われるのが「接待」。
クリスマスを楽しみにしていた方でも、「接待だから」と言われれば強く引き止められません。
このとき、「いつ終わるのか」「連絡が欲しい」とパートナーとやり取りしておくのがおすすめです。
また、かなり前からクリスマスに不在である旨を報告されていて怪しいようであれば、敢えてクリスマスは別々に過ごしその間に浮気調査を依頼するのもひとつの手段です。

 

 

【まとめ】

例年クリスマスに増えるのが浮気・不倫です。
全国の探偵や調査会社でも調査依頼が急増するシーズンでもあります。
大切なイベント時期に浮気をする行為は、許せるものではありませんが、逆に考えると「浮気を見破る絶好のチャンス」でもあります。
浮気をする人の中でも慎重な人はクリスマスの24日・25日をあえて外し、その前後で浮気相手と会うことも考えられます。
もし本格的な証拠を残したいなら、探偵や調査会社に浮気調査を依頼することをお勧め致します。



  • LINE@