年中無休・24時間営業 お気軽ご相談ください。

0120-540-585対応地域 / 筑豊全域・その他地域はご相談ください
ご相談・ご依頼等のお問い合わせ

新着情報

「別れさせ特殊工作」って何?2020.11.21ブログ

こんにちは、シークレットジャパン筑豊です。

突然ですが、皆様は「別れさせ屋」や「別れさせ特殊工作」などという言葉を耳にしたことはありますでしょうか?

最近はあまり聞かなくなりましたが、一時期はテレビやドラマで「別れさせ屋」などというものがよく登場していました。その影響もあって、多くの人がそういった職種もあるんだと知ることにはなり、実際に「別れさせ特殊工作」「別れさせ屋」ビジネスを始める若者も増えました。

現在もインターネットで「別れさせ工作」「別れさせ屋」と検索してみると多く存在しているのが確認できます。
未だに「別れさせ屋」が存在しているということは、それだけ需要があるということ。
つまり実際に依頼されている方がいるということになります。

恋愛のもつれや不倫、怨恨、憎しみ、仕返し等など・・・
「別れさせ屋」に依頼をする理由は様々だと思いますが、ここで皆様にお伝えしたいのは「別れさせ工作」が違法になるかも知れないということです。

それは倫理的な問題ということではなく、場合によっては法に触れるかも知れないということです。

本日は別れさせ特殊工作の注意点についてお話したいと思います。

 

 

1.探偵業の免許が必要になるケース

仮にある依頼者が「別れさせ屋」に「別れさせ特殊工作」を依頼したとします。
ここでは依頼人が妻で、対象は夫とその不倫相手ということにします。
すると当然のことですが「別れさせ屋」の調査員が対象者である夫と不倫相手のことを調べはじめます。
次に対象者である夫と不倫相手のどちらにアプローチをすべきかを判断するため、尾行調査をしたり聞き込みをしたりします。

ここで問題になるのが「尾行」です。

尾行は探偵が行う調査になります。
つまり事前に「探偵業法の届出」を提出しておく必要があります。
もし提出していない事務所の調査員が尾行をすると「ストーカー行為」とみなされ、犯罪になってしまいます。

ですが、そんなことすら理解していない「別れさせ屋」が特殊工作をしている事務所もありますので、必ず探偵業の届出を行っているかを確認しておく必要があります。
もし「探偵業法の届出」を提出しているなら「探偵業届出証明証の番号」が交付されていますので、インターネットで検索する場合でもまずはそちらを確認しましょう。

 

 

2.慰謝料を請求されるケース

次に「別れさせ屋」ターゲットを夫の方に定めて、夫に向けて別れさせ工作所員を派遣したとします。

対象者の夫に工作員の女性が、自然な流れで夫に近づいていきます。
もともと不倫をしていた夫ですから、工作員とはいえ自分好みの女性から言い寄られたら、引っかかってしまう可能性は十分にあります。
そして、二人がホテルに行ったところを他の所員がカメラで撮影し、それを不倫相手に見せます。
すると、不倫相手は「私の他にも女がいるなんて」と言って、対象者である夫と不倫相手は別れることになります。

という感じで別れさせ工作は無事成功したという風に見えますが、実はこの中にも大きな問題があります。
しかもそれは、依頼人にも重い罰が待っているのです。

婚姻関係にある夫婦には、お互いに相手に対して貞操義務があります。
今回の場合、夫には既に不倫相手がいた為、夫は初めから貞操義務違反を犯しています。
しかし妻が依頼した「別れさせ特殊工作」は、見方によっては工作員の女性に夫とホテルに行くように仕向けたという風にも取られてしまい、妻側が夫に対して「売春」を斡旋させたという風に取られてしまうのです。

そのため、別れさせ特殊工作の依頼をしたということがバレれば、依頼人である妻側が夫に対して慰謝料を支払うことになります。
「別れさせ屋」はそのことを知っているので、悪徳な事務所であれば、それをネタに依頼人を強請ったり、成功報酬の値上げを要求してきたりすることもありえます。

もちろん依頼人が結婚をしておらず、対象者も結婚していない状態で、ただ恋人関係だったというだけであれば、貞操義務は発生しないので対象者と工作員がホテルに行っても罪に問われることはありません。

別れさせ屋に特殊工作の依頼をして多額のお金を払い、さらにその「別れさせ屋」が悪徳であるなら、脅されてしまう可能性もあるので十分注意が必要です。

そうならないためにも、何が合法で何が違法に当たるのかを、依頼人自身が事前に知っておく必要があります。

 

 

「まとめ」

例えば今回のケースで考えた場合、単に夫と不倫相手を別れさせたいだけなら、探偵事務所に不倫の証拠を掴んでもらい、それを基に交渉すれば解決できたはずです。

また、それで揉めるようであれば弁護士に依頼し、調停や裁判を行うなど、依頼人は特に何の罪も犯さずに夫と離婚ができ、夫と不倫相手から慰謝料をもらうこともできたはずです。

現在では「別れさせ特殊工作」だけではなく「復讐工作」「出会い工作」「ビジネス工作」など様々なものが存在しています。その全ては、人を騙して依頼人にとって有利になるように仕向けるものです。

こういった人を不幸に陥れる工作には必ずリスクがあるということを絶対に忘れないでください。

そして正当な探偵であれば、こういった「工作」の依頼を受けていません。
探偵は人が不幸になることよりも、現状の困り事や苦しみから抜け出し、今後の人生が幸せになるためのお手伝いをする、そんな職業です。
当事務所も人を陥れるような依頼は断っていますので予めご了承ください。



  • LINE@