年中無休・24時間営業 お気軽ご相談ください。

0120-540-585対応地域 / 筑豊全域・その他地域はご相談ください
ご相談・ご依頼等のお問い合わせ

新着情報

浮気を疑う心理とは?2020.07.28ブログ

こんにちはシークレットジャパン筑豊です。

当事務所が引き受ける浮気調査の中で、「単なる誤解だった」「勘違いだった」という事がよくあるのですが、パートナーが浮気を疑う心理とは、一体どんなものなのでしょうか。

パートナーには当然浮気をしてほしくないですが、でも浮気をしているような素振りがあれば疑ってしまうのも無理はありません。
疑いたくないとはいえ、万が一浮気していたら後にとんでもないトラブルになります。

 

1.パートナーの浮気を疑ってしまう心理

パートナーの浮気を疑うのには、様々な心理が働いているからだと思われます。
では、どのような心理状況にあるのでしょうか。

 

① 愛されている自信がない

例えばある日を境に徐々に愛されていないと感じてしまうと浮気を疑うようになります。
浮気を疑う心理は些細な変化で起こりやすく、恋人に愛されていないという自信のなさは直接浮気を疑う理由になります。

 

② 過去の浮気

過去に浮気をされたトラウマがあると、些細なことで浮気を疑うようになってしまうこともあります。
もしかしたら浮気されているのではないかと思ってしまうと、本当に浮気していないか確かめずにはいられない精神状態になってしまいます。

 

③ 自分も浮気している

もし自分も浮気している場合、ちょっとした事でもパートナーの動向が気になるのではないでしょうか。
恋人の浮気を問い詰めることもできますが、逆にこちらも問い詰められてしまうので浮気していないかが気になるようです。

 

 

2.浮気を疑う行動

浮気を疑う心理状況になってしまうのは、相手が浮気をしているかもしれない疑わしい行動をしていることも関係しています。
どのような行動なのでしょうか。

 

① 言葉使いが変わった

ある日を境に突然自分に対する言葉使いが変わると、もしかしたら浮気をしているのではないかと疑うようです。
理由もなく突然言葉使いが変わるわけはないですし、よほどの変化がなければ変わらないので浮気を疑わせる行動だといえます。

 

② 会話が少なくなった

今まで楽しく会話していたのに、徐々に会話が少なくなると浮気をしている可能性があるでしょう。
自分との会話が楽しくないと思う反面、浮気相手との会話の方が楽しいと思うからこそ会話が少なくなるのではないでしょうか。

 

③ LINEのアイコンが変わった

自分とツーショットだったものが違うものに変わった場合、もしかしたら浮気している可能性があります。
必ずしも、アイコンが変わっただけで浮気しているとはいえませんが、注意する必要はありそうです。

 

④ 携帯を触る頻度が増えた

自分と一緒にいる間も頻繁に携帯をチェックしている場合、浮気相手からの連絡を待っている可能性があります。
浮気していないならよほどのことがない限り頻繁にチェックすることはないので、もし頻繁にチェックしているようなら浮気を疑うのが妥当です。

 

⑤ 急に仕事などが忙しくなった

事前に理由を説明してくれているならまだしも、突然仕事が忙しくなるようだと浮気を疑うきっかけになるでしょう。
本当に仕事が忙しくなったなら一言説明してくれれば済む話なのに、仕事が忙しくなったの一点張りでは浮気を疑うのも無理はありません。

 

⑥ 休日の行き先がはっきりしない

パートナーが休日にどこかに行く場合、その行き先を聞いてもはっきりとしないようであれば浮気相手と外出する可能性があります。
何もやましいことがなければ行き先を説明してくれてもいいはずなのに、説明しないのは浮気というやましい理由があるからでしょう。

 

 

3.浮気を疑って逆ギレされた場合

浮気を疑うにあたり、相手が逆ギレされる可能性もあるでしょう。
もし逆ギレされた場合、シロかクロか判断できるでしょうか。

 

① 本当に浮気をしていないから怒る

浮気を疑う行動をしていたとしても、本当に浮気していないパートナーからすれば浮気を疑われるのは心外の他にありません。
何の証拠もないのにしつこく浮気を疑ってしまうと、恋人から逆ギレされる可能性があるので無理に問い詰めないようにしましょう。

 

② 浮気しているとは一概に言えない

浮気しているから逆ギレしたように思うかもしれませんが、逆ギレしたからといって必ずしも浮気しているとは限りません。
浮気していると決め付けて行動していると、実際には無実であっても、追求が原因で別れ話になってしまうおそれもあります。
慎重に行動する必要があります。

 

③ 図星で逆切れしている場合

逆ギレしたからといって浮気していることにならないとはいえ、中には本当に浮気しているからこそ逆ギレするケースもあります。
逆ギレの仕方によって判別できるかもしれないので、一瞬の言動などをチェックすることで浮気しているか判断できるでしょう。

 

 

4.浮気を疑いクロだと感じたら

 

① 持ち物・レシート・銀行口座の確認

もしもパートナーの浮気を疑ってクロだと感じたら、恋人の持ち物やレシート、銀行口座を確認しましょう。
本当に浮気しているなら明らかに怪しい証拠が出てくる可能性があるので、些細なことも見逃さないようにするのが得策です。

 

② 自力での証拠集めは慎重に

すぐに確認ができる、かつ相手にもバレにくいものであるならば確認してもいいですが、尾行するなどの行為は素人がやると相手にバレてしまう危険性があります。
バレてしまうとその後の証拠集めが難しくなるので、慎重に行動しましょう。

 

③ 探偵に浮気調査を依頼する

既婚者であれば離婚請求や慰謝料請求ができますが、探偵の調査報告書は証拠として使えます。
恋人と別れる準備を進めるためにも、安全で確実に証拠を集めてくれる探偵に浮気調査を依頼し、浮気の事実を突きつけましょう。

 

 

【まとめ】

恋人の浮気を疑ったことで相手に逆ギレされるケースは多くあるでしょう。
浮気していないのに浮気していると疑われたら誰でも怒るのは当然ですし、それがきっかけで別れることにもなりかねません。
ただ、本当に浮気している可能性もあるので、恋人の行動が疑わしかったら一度調べてみるのもアリだと思います。その際に自分ひとりの力では限界だと感じたら、探偵に調査を依頼して証拠を集めてもらうのが得策です。



  • LINE@