年中無休・24時間営業 お気軽ご相談ください。

0120-540-585対応地域 / 筑豊全域・その他地域はご相談ください
ご相談・ご依頼等のお問い合わせ

新着情報

婚姻関係の破綻を理由に慰謝料の支払いを拒否2020.03.13ブログ

こんにちは、シークレットジャパン筑豊です。

もし自分のパートナが不倫をしていたとして、パートナーと浮気相手に慰謝料を請求したとします。
その際にパートナーやその浮気相手が不倫の事実を素直に認めてくれれば良いのですが、現実はそう簡単にはいきません。

仮に浮気の事実を認めたとしても慰謝料の支払いを拒んでくることも十分考えられます。
その際によく争点になるのが「婚姻関係の破綻」です。

婚姻関係の破綻が、不貞行為に対する慰謝料請求にどう影響するのかといえば、婚姻関係の破綻を理由に慰謝料の支払いを拒否される可能性があります。

皆様もご存知とは思いますが、不貞行為に対する慰謝料請求は、不貞を行ったパートナーとその浮気相手に請求できます。
その際に浮気相手がパートナーから「夫婦生活は破綻していたと聞いている」と証言すれば、慰謝料請求を退けられる場合があります。

なぜかというと不貞行為によって夫婦生活が破綻したと判断できないからです。
もしかしたら不貞行為が行われるもっと前からすでに夫婦の関係は破綻していたのではないかと疑われるからです。

そのため、「婚姻関係の破綻」を理由に慰謝料請求を拒まれ争うことになった場合、不貞行為が何時から行われていたのか、不貞行為は夫婦生活が破綻した後か前かを調査する必要があります。

では「婚姻関係の破綻」とは一体どのような状態を表すのでしょうか?

 

 

1.婚姻関係の破綻

「婚姻関係の破綻」とは一体どのような状態を表すのでしょうか
一般的に婚姻関係が破綻していると思われる状態は以下の通りとなります。

 

①DV、モラハラ
夫が妻、または妻が夫にひどいDVやモラハラ行為をしている場合には、夫婦関係が破綻していると認められます。

 

②長期間の別居
夫婦が長期間別居していると、夫婦関係の破綻が認められる可能性が高くなります。
長期と言えるためには、少なくとも5年間程度の別居期間が必要となります。

 

③長期間の家庭内別居
家庭内別居でも「本当に一切口も聞かず顔も合わさない」という別居状態が続いていれば、夫婦関係の破綻が認められる可能性があります。
これについても数年以上の長期にわたって家庭内別居状態が継続していることが必要です。

 

④夫婦がお互いに修復する意思を失っている
お互いの関係が悪化したり疎遠になったりして、お互いが修復する意思を失っているケースでも夫婦関係の破綻が認定されます。

 

⑤性の不一致
どちらかが性交渉を拒絶したり性生活の嗜好(しこう)が合わなかったりセックスレス状態になっていたりして、性の不一致がある場合にも婚姻関係の破綻が認められる事例があります。

 

⑥夫婦関係の悪化
夫や妻の借金癖、性格の不一致、相手の両親との不和や宗教活動など、さまざまな理由により、夫婦関係が極端に悪化してしまった場合でも、夫婦関係が破綻していると判断されて離婚が認められるケースがあります。

 

 

.「婚姻関係の破綻」を理由に慰謝料の支払いを拒否された場合

では次に、浮気の相手方が「婚姻関係の破綻」を理由に慰謝料の支払いを拒んできた場合はどうすべきでしょうか?

 

①本当に婚姻関係が破綻していた場合

婚姻関係の破綻とは「夫婦が婚姻継続の意思を失っており、婚姻共同生活を回復することが不可能であると客観的に判断できる状態」を指します。
典型的な例としては夫婦お互いが離婚することを同意している、または離婚を前提として別居している状態などが挙げられます。
もし本当にパートナーが他の異性と浮気(不貞行為)を行っていた時期に、すでに婚姻関係が破綻していた場合は、残念ながら慰謝料の請求は認められないと思われます。

 

 

②婚姻関係が破綻していなかった場合

何度も繰り返しになりますが、婚姻関係の破綻とは「婚姻共同生活を回復することが不可能であると客観的に判断できる状態」で、典型的な例としては長期間性交渉がなく、食事や寝室も別々、夫婦間に全く会話もないような状態です。

もしパートナがー不貞行為を行った時期に、婚姻関係は破綻しておらず、むしろ夫婦の関係が順調だった場合は、「婚姻共同生活を回復することが不可能であると客観的に判断できる状態」ではなかったことを主張しましょう。

例えば毎日寝食を共にしていた、定期的に性交渉があった、休日は家族で頻繁に出かけるなど、夫婦関係に問題はなかった事情を主張することによって不倫相手の「婚姻関係は破綻していた」という主張は崩せます。

 

 

【まとめ】

浮気相手への慰謝料が認められるためには、夫婦関係が破綻していないことが必要です。
もし浮気相手が夫婦関係が破綻していると聞いていたとしても、実際に夫婦関係が破綻していたかどうかが重要で、実際に夫婦関係が破綻していない場合には、浮気相手に慰謝料を請求することができます。
慰謝料の請求、慰謝料額の交渉には専門的知識と経験が必要になってきます
もし不倫相手に慰謝料の請求を行う際には必ず弁護士などの専門家に相談することをお勧めいたします。



  • LINE@