年中無休・24時間営業 お気軽ご相談ください。

0120-540-585対応地域 / 筑豊全域・その他地域はご相談ください
ご相談・ご依頼等のお問い合わせ

新着情報

浮気調査がバレてしまった場合2019.12.25ブログ

こんにちは、シークレットジャパン筑豊です。

最近では、夫・妻の浮気を疑って自分で浮気調査を行う人も結構いらっしゃいます。
浮気調査を行う上で便利なGPS発信機もネットで安価に手に入るようになりましたし、尚更自分で調べてみようと思うのも頷ける話です。
ですが、その分浮気を調べていることがバレた時のリスクも伴うことを理解しておく必要があります。
本日は浮気調査をした事がバレてしまった場合、その後の夫婦の間に何が起こるのかや注意点などについてお話したいと思います。

 

1.自分で浮気調査を行ってバレた場合

浮気調査を行う上で一番避けたい事は、調査している事に気づかれることです。
普段から相手の警戒心がとても強い場合、調査している側の普段とは違う言動や行動などから浮気を調べていることがバレてしまう事があります。
では自分で行った調査がバレてしまうとその後どうなるのかのケースについて見ていきます。

 

①夫婦仲が悪くなった

もし浮気をしていても、していなくても配偶者から自分が疑われていたことを知ってしまうと気分の良いものではありません。
浮気をしている側からしてみれば、絶対にバレたくないので、確実な証拠がない限りは認めようとはしないでしょう。
もし浮気をしていない場合は、浮気調査をすること自体が自分を信用してない、自分に対する裏切り行為と思ってしまうでしょう。
浮気調査がバレるという事は、その後の復縁の可能性や夫婦仲に亀裂を入れてしまうなど、将来に渡って良くない結果を生む事になってしまいます。

 

 

②前よりも浮気の隠し方が巧妙になった

もし浮気をしている場合は、浮気調査がバレることによってより警戒心が強くなります。
浮気をする人の心理として、「自分は大丈夫、絶対にバレない」と思っている人が多く、普段から周りに注意しながら浮気をしていた所に、浮気調査していたことがバレてしまうと、更に警戒し慎重に行動するようになってしまいます。
警戒心を更に強くさせてしまうと証拠を取る事が難しくなってしまいますし、もしそれが原因で浮気相手と別れてしまうとそこからは浮気の証拠は取れなくなり、逆にプライバシーの侵害を問われてしまう事にもなりかねません。

 

 

③夫・妻が家を出ていく

夫婦にとって浮気調査がバレる事は決して結果を生みません。
夫婦の中で喧嘩が絶えなくなってしまい別居に至る事もありますし、信用されていないと感じるなど夫婦の信頼関係がなくなった事で、どちらかが家を出てしまうという事も考えられます。
しっかりとした浮気の証拠があれば話は別ですが、ただ怪しいだけでは言い逃れされてしまい、証拠を押さえる前に浮気調査がバレてしまうと浮気調査をしていた方が悪者となってしまう可能性もあります。

 

 

2.探偵の浮気調査がバレた場合どうなる?

探偵に調査を依頼したとしても時には浮気調査がバレてしまう要因がいくつかあります。
探偵の浮気調査がバレてしまった場合、その後どういった展開が考えられるでしょうか?

 

①.夫・妻から激しく追及される

浮気を疑われた事などから感情的になるあまり、激しく口撃されてしまったり暴力を振るわれてしまう可能性もあります。
浮気調査で証拠を押さえようとした事がバレてしまった訳ですから、暴力という直接的な行為でなくても口撃によって激しく責め立てられてしまうなど、調査を依頼した側が辛い立場に立たされてしまう事になります。

 

 

②.浮気調査が無駄になってしまう

時間とお金を掛け行った調査が無駄になってしまう事があります。
また浮気相手と別れたり、その後の行動が巧妙になる事で、証拠を押さえる事が難しくなります。
例えばカモフラージュとして、ほとぼりが冷めるまで浮気相手としばらく合わない、距離を置くなど調査をかく乱させる行動に出ることも予想されます。

 

 

③浮気相手と別れてしまう

浮気の証拠を押さえられないように全ての証拠を消して、浮気相手と別れてしまう事も考えられます。
浮気をしていたとしても証拠がなければ立証できないので、遊びの浮気だった場合、バレたらすぐに別れてしまう事も考えられます。

 

※浮気調査がバレる事には様々なリスクが伴います。
相手の浮気を怪しいと感じたように、調査する方も怪しい言動があると何かおかしいと感づかれてしまう事があるのです。
浮気調査が一度でもバレてしまうと、次に証拠を押さえる事が困難になる事や、二度と証拠を押さえる事が出来なくなる可能性もあるため、調査している時や探偵に依頼した場合の調査期間中は依頼者の方も慎重な言動が必要となるでしょう。

 

 

3.浮気調査がバレないためにどうするか?

 

①普段と変わりなく過ごすことを心がける

調査期間中はついつい相手の予定を聞きすぎてしまったり、相手の行動について必要以上に気にかけてしまいます。 探偵に依頼する時は、特にパートナーのスケジュールが浮気調査の時間に大きく影響しますので、出来る限り浮気相手と会う日を特定して調査して欲しいと考えてしまいます。 そういった言動の積み重ねによって、相手に疑念を抱かせてしまう事になりますので、普段と変わりなく過ごすという事を心がけましょう。

 

 

②浮気調査の痕跡を消す

探偵に調査を依頼する場合は、契約書や領収書など痕跡を徹底的に隠したり消してしまう事が大切です。
契約書などは分からないように保管し、浮気調査や浮気などと結びつくような様々な検索履歴や閲覧履歴などを消すようにしましょう。

また車を調べたりした時に、普段は本人以外しか触らないはずのものの位置が代わっていたり何かが代わっていると、相手が違和感を感じてしまい疑念を抱かせてしまう事にもなりかねません。
元の状態に戻す事や、触った事が分からないようにする事も大切です。

 

 

③相手が違和感を感じてしまう時

調査がバレていなくても「何でそんな事まで聞いて来るの?」など相手が違和感を感じていそうな時は、調査を一旦休止して様子を見ることも必要です。
早く浮気の証拠を掴もうと躍起になる気持ちは理解できますが、焦りは禁物です。
これ以上の調査はバレる危険が高いと感じた時は一旦調査を休止しましょう。

 

 

【まとめ】

浮気調査を行う上で一番肝心なことは、浮気調査を行っていることがバレないようにする事が大切 です。
調査期間中の自分の言動や行動から相手が疑いの目を向けているという事に気付かれないようにしましょう。

もし気付かれそうになったら調査の手を一旦緩めるなどして、調査を行っているのがバレないように気を付けましょう。

また探偵事務所に調査を依頼する際には、浮気調査能力の高い探偵事務所に依頼することをお勧めします。
尾行などの調査で気付かれる確率は最小限になりますので、探偵に依頼する場合にはそういった探偵に依頼するという事と、自分でも相手に気付かれないような言動を心がけて取る事が大切になります



  • LINE@