年中無休・24時間営業 お気軽ご相談ください。

0120-540-585対応地域 / 筑豊全域・その他地域はご相談ください
ご相談・ご依頼等のお問い合わせ

新着情報

ダブル不倫をやめる方法2021.05.08ブログ

こんにちは、シークレットジャパン筑豊です。

皆様は「ダブル不倫」という言葉を耳にしたことはありますか?
ダブル不倫とは結婚して夫・妻がいる者同士、つまり既婚者同士が行う不倫のことを言います。

ダブル不倫は一般の恋愛とは違い、絶対に周りに祝福されない恋愛です。
お互いが家庭を持っているため、付き合いがバレると、お互いのパートナーを悲しませ、傷つけ、裏切ることになります。
また、子供がいる場合は、罪のない子供も悲しませることになります。
そこで本日は「ダブル不倫をやめたい」と考えている方のために、ダブル不倫をやめるための方法を考えてみたいと思います。

 

1.ダブル不倫をやめる方法

 

①徐々に連絡を少なくする。

いきなり全く連絡がなくなるのがつらいと思うのであれば、徐々に連絡の回数を減らしていきましょう。
もともとダブル不倫の関係の場合、常に連絡を取っているというカップルは少ない傾向があります。
徐々に相手への連絡頻度を下げていき、フェイドアウトしていきましょう。
ただし、相手からの連絡を完全無視するのはNGです。
相手が暴走して、家や会社に押しかけてくる、という可能性もあります。
無視はせず、しかし確実に連絡頻度を少なくしていきましょう。
ここで注意すべきは、寂しいからといってまた前と同じ頻度で連絡を取ってしまい、元の関係に戻ることがないようにしてください。

 

②別れたいと伝える

不倫をやめる方法は数多くありますが、一番大切なことは、不倫をやめる意志をしっかりと持つということです。
意志が揺らぐと、ズルズルとずっと抜け出せない関係になってしまいます。
軽い気持ちでは、不倫をやめることはできません。
手から、甘い言葉をかけられても、揺らぐことのない、固い決意をもつことが一番重要です。
きっぱりと区切りをつけたいのなら、相手に別れたいと伝えましょう。

 

③ 夫・妻にバレたと相手に伝える

ダブル不倫のデメリットについてもう一度改めて考えてみましょう。
ダブル不倫は、不幸しか生みません。
当事者の二人にとっては、幸せかもしれませんが、自分の家族はどのように感じるでしょうか。

関係がバレた場合、お互いの家庭が壊れる危険があります。
子供がいる場合は、一番かわいそうなのは子供です。子供にとっては、代わりのいない母であり父なのです。
また、社会的な地位も失う可能性があります。
不倫が原因で会社をクビになることはないかもしれませんが、左遷や評価低下などの影響を受ける可能性は十分に考えられます。
ダブル不倫はこれほどリスクが高いことなのです。

場合によっては、夫・妻にバレた、もしくはバレそうになっていると伝えるのもアリです。
家庭を壊すつもりのないダブル不倫の場合、「配偶者にバレた」というのはかなり効果的なセリフになります。

 

④体の関係を断つ

ダブル不倫の関係をつなぎとめる要因は、体の関係である傾向が高いです。
体の関係を断ってしまえば意外とあっさり関係が崩れることもあります。
ダブル不倫は、心の癒しも勿論ですが、それ以上に体の快楽を求めることが多いのです。
普段のデートはホテルが多いという方や、夜に会う機会が多いという方は、どうしても体の関係を持つ方向に流れてしまいます。
デートの時間帯や場所を工夫し、体の関係を断つようにしましょう。
お昼のデートに変えることや、食事のみのデートにするなど、なるべく体の関係を連想させないようなデートにすることをお勧めします。

 

⑤連絡先を消す

ダブル不倫をやめるためには、相手の連絡先を消すことをお勧めします。
心が寂しくなると、連絡を取りたくなってしまうものです。
そういう時に、携帯電話に連絡先を残してしまっていると、簡単に連絡を取ってしまいます。
必ず消しておくことをお勧めします。
また、最近では電話番号やメールアドレスだけではなく、SNSでも相手とつながることができてしまいます。
うまく不倫をやめるためにも、SNSのアカウントを削除するなど、徹底的に、相手との連絡手段を排除してください。

 

⑥趣味を見つける

不倫をうまくやめるために、趣味を見つけましょう。
ダブル不倫をやめたとき、今まであったものがなくなるので、少なからず寂しい思いをすることになると思います。
そう思ったときに、また相手に連絡を取り、ズルズルと関係を続けてしまう形になるカップルは意外と多いのです。
そのような失敗をしないためにも、寂しい思いを紛らわすために趣味を見つけることも手段の一つです。
ダブル不倫のことを考える余裕などなくなるように、没頭できる趣味が必要です。
もしその趣味が自分磨きにもつながるようなものであれば、一石二鳥です。

 

 

2.ダブル不倫の未練を断ち切る3つの方法

まだ好きなのに別れなくてはいけない、となると誰しも当然未練は残ります。
未練は自然に断ち切れないこともありますから、自分の意思で未練を断ち切る行動をする必要があります。

 

①思い出の品を断捨離

思い出の品は断捨離しましょう。
手元に相手からもらったプレゼント(貴金属や宝石など)が残っていると、ふとした時にそれを見て相手を思い出してしまいます。
プレゼントは捨て、連絡先も削除し、ふとした瞬間に相手のことを思い出すことのないようにしましょう。

 

②趣味や仕事に打ち込む

趣味や仕事に打ち込みましょう。
暇なのは危険です。
人間は暇になれば色々と考えてしまうものです
不倫を解消したばかりの時は、特に相手との関係を反芻し、悲しみにひたることになります。
できるだけ予定を埋めて忙しくしましょう。

 

③思いっきり泣く・感情を吐き出す

一度感情を吐き出してしまうのも一つの方法だと思います。
ダブル不倫について相談している友人がいる場合には、友人に話しを聞いてもらいましょう。
誰も話せる相手がいないという場合は、カウンセラーや占い師を頼るという手もあります。

 

【まとめ】

不倫は関わっているすべての方を不幸にします。
不倫をやめる決意を固めることができた方は、周りを不幸にすることなく、関係を終わらせることができます。
きっと自分はバレないと思って関係を続けていると、いつかバレて、関係している人すべてを不幸にしてしまう結果になります。
一度始めたダブル不倫を終わらせようと思った場合、少なからず悲しい思いをするでしょうし、つらい気持ちにもなると思います。
しかし、バレてしまった時に受ける精神的なダメージのほうがはるかにつらいです。そのことも頭に入れ、しっかりダブル不倫を終わらせてください。
ダブル不倫は「やめたい」と思った時が一番のやめどきです
終わらせることができれば、他人の目を気にすることなく、みんなから祝福されるような恋ができると思われま



  • LINE@