年中無休・24時間営業 お気軽ご相談ください。

0120-540-585対応地域 / 筑豊全域・その他地域はご相談ください
ご相談・ご依頼等のお問い合わせ

新着情報

仮面夫婦とは?2020.08.09ブログ

こんにちは、シークレットジャパン筑豊です。

よく芸能人のニュースなどで耳にする「仮面夫婦」という言葉。
みなさんも一度は耳にしたことがある言葉だと思います。

では仮面夫婦とは実際どのような状態の夫婦を意味するのでしょうか?
一見仲よく見えるけれど、その実際は分厚い仮面の下に隠されている…。

本日は仮面夫婦の状態とその意味についてお話いたいと思います。

 

 

1.仮面夫婦とは?

 

仮面夫婦とは一体どのような状態を意味するのでしょうか?
まずは仮面夫婦についてお話致します。
①結婚しているが事実上の夫婦関係にない夫婦

結婚はしている、つまり婚姻関係にあるものの、実際は家庭内別居の状態にあったり、数年もの間別々の家で暮らしていたり、というように夫婦関係が成立していない状態を「仮面夫婦」と呼びます。
とくに家庭内別居の場合は、同じ家で暮らしていることもあり、外部からは仮面夫婦であることがバレにくいものです。

 

②家庭内別居

すでに離婚寸前なのに、ギリギリのところで離婚を踏みとどまり、かろうじて同じ家に住んではいる、しかしお互いに顔もあわせず、下手をすると何年もまともに口をきいていない状態・・・
それくらい居住スペースと心の距離を置いている場合、それは「家庭内別居」であると言えます。
この家庭内別居の場合でも、家の外や人様の前では「よい夫婦」を演じている場合、仮面夫婦と呼ばれます。

 

 

2.仮面夫婦の実態

 

上記で説明したような状態を仮面夫婦と呼ばれることが一般的ですが、実は仮面夫婦に隠された本当の意味があることをご存じでしょうか。

 

①何らかの理由で離婚しない夫婦

仮面夫婦が仮面夫婦で居続けるには、何かしらの理由があります。
つまり、その「何かしらの理由」によって離婚したくても離婚できない夫婦であるとも言えます。
その「何かしらの理由」には、夫婦両方、もしくはどちらかにとって譲れないものであることが多いのです。

 

②子供のために離婚しない夫婦

離婚しない一番の理由は、やはり「子ども」です。
子どもが出産直後だったり、乳児期の間はむしろ離婚率が高い傾向にあるのですが、心に両親の記憶が残る3歳以降は離婚率は低下します。
これは、離婚によって子どもの心を傷つけたくない、そして片親になるリスクを子どもに背負わせることに強い抵抗がある場合、仮面夫婦であることを選択する親はとても多いと言えるでしょう。

 

③世間体が気になるから離婚しない

この理由で仮面夫婦を選択するのは夫婦には夫婦のどちらか、あるいは両方世間体を気にかけていることが考えられます。
職場や近所、そして子どもの学校などで離婚が明らかになった場合、社会的地位は脅かされる可能性があります。

 

④争うのが嫌で離婚しない

過去に数多くの口ゲンカをしてきた夫婦は、もう波風を立てないほうがよいということを身を持って学習します。
その結果、仮面夫婦になるというパターンです。
心理学的にも「学習性無力」という効果があります。
これは、何度も挑戦して失敗が続くと、もう挑戦することを諦める、つまり無力感を学習してしまうというものです。
争うことに疲れた夫婦は、無力感から仮面夫婦を続けているのです。

 

 

 

3.仮面夫婦にならないための家庭を築くためには?

 

仮面夫婦にならないためには、一体どうしたらよいのでしょうか。
次に仮面夫婦にならないための対策をご紹介します。

 

①自分のことばかり考えない

皆様の中にはいつも自分のことばかり考えて行動している節はありませんか?
たとえパートナーによくない感情を持っていたとしても、相手も感情のある人間です。
たまには相手の立場に立って、相手がしてほしいこと、言ってほしいことを実践してみるのも良いと思います。

 

②日頃から何でも話せる仲になる

一度話し合うことを放棄したり、「どうせこの人に何を言っても無駄だ」と諦めてしまうと、次からはもう希望を持って話し合うことは困難になってしまいます。
話し合うことを諦めず、できれば定期的にお互いの話をきくことで、些細な問題を早期に解決することができるはずです。

 

③あまり他人の目を意識しすぎないこと

夫婦は、誰のためのものでもありません。
自分の両親、パートナーの両親のためのものでもなければ、ましてや近所に住む誰かのためのものでもありません。
家族以外の「誰か」の目を気にしすぎると、体裁を取り繕うことにばかり目がいってしまい、本来夫婦に必要なものを見失ってしまうでしょう。
あまり他人の目を気にしすぎることは避けたほうがよいでしょう。

 

 

【まとめ】

仮面夫婦は向き合うことを諦め、何かしらの理由があるのに離婚しない夫婦であることがわかりました。
でも、本当にこのままでよいのでしょうか?
あなたのためにも、そして配偶者と、子どものためにも、仮面を脱ぐ必要があるのではないでしょうか?
人は変えられないけれど自分は変えることができます。
関係を修復したい、変えたいと思っているのならグッと我慢してまずはあなた自身から変わってみましょう。
そういう姿を間近で見ているパートナーも少しづつ変わっていくはずです。



  • LINE@