年中無休・24時間営業 お気軽ご相談ください。

0120-540-585対応地域 / 筑豊全域・その他地域はご相談ください
ご相談・ご依頼等のお問い合わせ

新着情報

親権を得るには?③ 【調停について】2020.06.02ブログ

こんにちはシークレットジャパン筑豊です。
本日は前回の続き「親権を得るためには③【調停について】」をお話致します。

 

<離婚調停(夫婦関係調整調停)の申し立て方>

 

〇申し立てる場所・・・相手方が住む地域の家庭裁判所

 

〇親権を決めるための離婚調停で必要となる書類

・夫婦関係調整調停申立書
・進行に関する照会回答書
・事情説明書
・申立人の戸籍謄本
・連絡先等の届出書
・相手方の戸籍謄本

 

〇およその費用…戸籍謄本やコピー代などを含め、5000円前後

 

調停は、家庭裁判所内にある男女2名の調停委員が待つ個室で行われます。
配偶者が交互に呼び出され、それぞれが主張を行うこととなります。
互いに顔を合わせることなく、自分の主張ができる場が設けられているのです。
最終的に、調停委員が互いの主張をまとめ、状況を把握し、より子どものために適した親権者を選択し、双方が納得できる解決方法を提案します。

調停委員による提案で双方が納得し、調停を通じて離婚が成立すれば「調停離婚」と戸籍に記載されます。

 

 

※調停で話し合いをするときの注意事項

調停委員による仲介を得て話し合いが進められる調停には、メリットとデメリットがあります。
調停を申し立てる前に、知っておくとよいでしょう。

 

<調停のメリット>

・確実に離婚、および親権者となるための話し合いを進められる
・相手の顔を見ずに自分の主張ができる
・調停で合意した内容は、調停調書として正式な書面として残る

最大のメリットは、膠着してしまった話し合いを進めることができるという点だけでなく、「調停調書」です。この調停調書は、裁判所による判決とほぼ同じ効力があります。あとから変更してほしいと言われても変更できませんし、約束を反故にされたとき、スムーズに約束を守ってもらうよう訴えることも可能となります。

 

<調停のデメリット>

・申し立てに手間と費用がかかる
・調停は月に一度、平日にしか開催されないため、離婚までに時間がかかる
・相手と直接、顔を見て話し合えるわけではない
・証拠がない場合や、あなたに対する調停委員の心証が悪い場合は不利になる可能性がある

最大のデメリットとしては、調停委員の心証如何で相手を説得できないケースがある点です。
調停委員と言っても、法律の専門家だけで構成されているわけではありません。
前例や、調停員が受けたあなたの印象によって結論が左右されることも少なくないのです。

だからこそ、自らがいかに相手よりも親権者として適しているかを、客観的事実を踏まえて、誠実に伝える必要があります。

 

もし、家庭裁判所調査官による調査結果が、あなたに不利なものであっても冷静に受け止め、改善していればその主張も行う必要があります。

そしてなによりも、調停の場では、調停委員を味方につけることがなによりも重要なポイントになっていくのです。

調停が長引けば、子どもにも負担がかかります。
冷静な対応や、客観的事実に基づいた証拠を集めるという点に不安を感じる場合、子どものためにもスムーズに親権を得たい、離婚したいとお考えであれば、弁護士などの専門家に相談することをお勧めいたします。

 


福岡・筑豊エリア・京築エリア・宗像エリア

飯塚市、直方市、田川市郡、行橋市、嘉麻・宗像地域での

浮気調査・不倫調査・素行調査・ペット捜索のことなら

総合探偵社「シークレットジャパン筑豊」に

お任せください!!

TEL 0120-540-585

 



  • LINE@