年中無休・24時間営業 お気軽ご相談ください。

0120-540-585対応地域 / 筑豊全域・その他地域はご相談ください
ご相談・ご依頼等のお問い合わせ

新着情報

新型コロナウィルス被害に関して2020.04.13ブログ

こんにちは、シークレットジャパン筑豊です。

現在、世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスの影響が多方面に広がっています。
当事務所が在ります福岡県でも先日非常事態宣言が発令されました。
それに伴い多数の企業、大型商業施設、飲食店、遊戯施設などが営業時間短縮または営業自粛を余儀なくされ、明日の生活への不安を抱えた日々を過ごしていることと思われます。

それと同時に精神的な不安や自由に外出できないストレスなどから「コロナ疲れ」「コロナ鬱」などの言葉も聞かれるようになり、そのストレスから家庭内暴力まで発生しています。
また多くの企業で在宅ワークを導入した結果、昼間も夫が自宅にいることに耐えられず「コロナ離婚」などの言葉も生まれつつあります。

この新型コロナウイルスの影響は、実は私たち探偵業にも及んでいます。
本来であれば、春は歓送迎会が多く浮気が増えるシーズンです。
短期間で証拠を掴める季節のため、相談者にとっても調査費用を抑えて確実な結果を得られる機会でもありました。
しかし、外出自粛要請や濃厚接触の危険性が連日のように報道され、浮気相手と会うこと自体を控える傾向が強まっています。
このような状況では、調査をしても「ターゲットが家から出なければ始まらない」のでなかなか思うような成果が見込めず、相談や依頼の数も大幅に減少することが予想されます。

今のところ政府は5月6日までの自粛を要請しており、その間の感染者数の増減を見ながら、更なる自粛の延長を判断するとのことですが、正直そんなに早い期間でコロナウィルス被害が収束するとは思えません。

 

ですが、今の私たちにできることは「やるべきことをやる」それだけです。

普段の生活では
・不要不急の外出を控える
・3密(密閉、密集、密接)を控える
・換気をよくする
・手洗いやうがい
・マスク着用
・アルコール消毒
などに気をつけること。

また営業を自粛されている企業や施設などは、倒産に追い込まれる状況だけはなんとか避けて、国や政府が行う支援制度を積極的に活用してコロナウィルス被害を乗り切りましょう。

 

経済産業省(融資・特別貸付など) https://www.meti.go.jp/covid-19/
厚生労働省(雇用調整助成金など) https://www.mhlw.go.jp/index.html

 

新型ウイルス禍の早期終息に向けては、私たち一人一人ができることを積み重ねていくことが大切になります。
一人一人が節度ある行動を心掛けるとともに、励まし合い支え合う気持ちを大切にし、難局を乗り切りましょう。



  • LINE@