年中無休・24時間営業 お気軽ご相談ください。

0120-540-585対応地域 / 筑豊全域・その他地域はご相談ください
ご相談・ご依頼等のお問い合わせ

新着情報

慰謝料について2020.02.07お知らせ

こんにちは、シークレットジャパン筑豊です。

パートナーの浮気が発覚した場合、まず誰もが真っ先に頭に浮かぶのが「慰謝料」だと思います。
ですが、皆様は慰謝料についてどれくらい理解しているでしょうか

・そもそも慰謝料とはどういうものなのか?
・浮気に対する慰謝料の相場はいくらなのか?

本日はそんな「慰謝料」をテーマにお話ししたいと思います。

 

1.慰謝料の定義とは?

まず離婚の慰謝料は、離婚の原因をつくった人が、相手方配偶者に与えた精神的損害に対して金銭を支払う、というものです。
典型的な理由としては浮気や不倫、つまり不貞行為です。
不貞行為が原因で離婚に至った場合、不貞をした人が信頼関係を破壊したとして慰謝料を支払うことになります。
「離婚原因となった浮気や不貞の責任を相手配偶者に離婚時に請求する」というケースのほかに、離婚をせずに不貞相手を相手方として「浮気や不貞に対する慰謝料請求」を行うケースもあります。

 

 

2.離婚の慰謝料の相場は

慰謝料の額はケースによりけりなので、あくまでも参考程度にしかお話しできませんが、不貞が原因となっているケースでは、150~300万円の範囲となることが多いようです。
もちろん場合によってはこれよりも高くなるケースもあります。

慰謝料とは精神的ダメージに対する賠償金なので、原因となった行為の悪質性や頻度そこから受けたダメージ等が考慮されます。不貞期間が長い場合や、不貞相手と子供を作ってしまった場合などは、300万円を超える可能性もあります。

 

 

3.離婚の慰謝料額を左右する要素

「そもそも慰謝料とはなにか」と問われた場合、精神的苦痛に対する賠償金と考えた方が分かりやすいでしょう。
しかし精神的苦痛を数値で表すことはできないため、周辺の事情からそのダメージを測っていくことになります。
どのような事情を見るかというと、「頻度」や「内容」といった客観的な事情になります。
例えばDVの場合、数年間の夫婦生活中に一回だけ発生した場合よりも、月に一回くらいDVを受けていたと証明できた場合のほうがもちろん慰謝料額は高くなります。

 

 

4.離婚の慰謝料の決め方

夫婦だけで離婚問題を話し合う場合、裁判や調停等と違ってお互いが合意すればどんな金額でも慰謝料を決められます。
きちんとした話し合いができるのであれば、スムーズでもっとも早い方法なのですが、現実的にはそう簡単にいくことはありません。
裁判であれば中立の立場で裁定をする裁判官がいるので、ある程度まとまりやすくなる傾向にありますが、協議離婚の場合は当事者同士での話し合いなので、感情的なぶつかり合いになりやすく、膠着状態に陥りがちなので注意が必要です。

 

 

5.不貞行為の場合の慰謝料請求先は?

まず、前提として不貞等の不貞行為は「共同不法行為」つまり、二人で行うものです。
よって考えられる慰謝料の請求先としては不貞を行った配偶者と、その浮気相手の両方ということになります。

 

 

6.慰謝料の支払い方

判決では一括支払の義務が課せられることになります。
しかし裁判所での和解や調停協議のなかでは分割支払の合意も可能です。

分割払いは請求者にとってもメリットがあります。
請求先の資力が乏しい場合や請求先の財産を把握できていない場合には、判決が出たとしても実際の回収が難しいことがあります。
一方で和解は支払う側がOKと言って成立するものですから支払に対するモチベーションが違いますし、現実的に無理のない範囲での支払条件を設定できるので、回収可能性があがるケースが多いように思います。
請求側であっても和解を目指して金額を調整することも多いです。

 


福岡・筑豊エリア・京築エリア・宗像エリア

飯塚市、直方市、田川市郡、行橋市、嘉麻・宗像地域での

浮気調査・不倫調査・素行調査・ペット捜索のことなら

総合探偵社「シークレットジャパン筑豊」に

お任せください!!

TEL 0120-540-585

 



  • LINE@